GLOBAL MX-5 CUP 第8戦 レーサー鹿島リポート

2018年08月03日



【レーサー鹿島リリースより】
http://www.okjapan.jp/blog/racerk/2018/07/blog_177.shtml
「GLOBAL MX-5 CUP」米国シリーズ第8戦が、7月29日(日)、昨日の第7戦に続いてオハイオ州ミッドオハイオ・スポーツカーコースで行われました。予選のセカンドベストタイムにより27位グリッドからスタート、序盤のアクシデントによりレースカーのバランスが崩れてペースを上げられず、26位でチェッカーを受けました。

サスペンションのセッティングを変更し、スタート直後からハイペースで前方のマシンを追いましたが、4周目のターン1でブレーキングミスをした後方のマシンが右リアタイヤをヒット、タイヤが内側を向いてしまうトラブルで真っすぐに走ることができなくなってしまいました。

ピットインも考えましたが、修復には時間を要するため、そのままレースを続行、後方集団とバトルを展開しながら26位でゴールしました。

ここまでの6レース、結果は全く残っていませんが、10年ぶりのアメリカでのレースで得るものは大きく前進はしています。私の新しいチャレンジをサポートして下さっているスポンサーの皆さんや声援を送って下さる皆さんに心からお礼申し上げます。次回は9月1日、2日、ポートランドでの第9戦、第10戦。決してあきらめない、攻め続ける心で頑張ります!