アロンソがバーバーでインディカーをテスト&アロンソのコメント

2018年09月06日



元F1世界チャンピオンのフェルナンド・アロンソが現地水曜日にアラバマ州バーバーモータースポーツパークでアンドレッティオートスポーツのインディカーテスト走行を行いました。

37歳のスペイン人のアロンソにとってインデイアナポリス以外でのインディカードライブは初めてとなります。

アロンソは2017年に第101回インディアナポリス500に参戦し予選4位から27周をラップリード。179周目にメカニカルトラブルが発生して途中でレースを終えましたが、その年のルーキーオブザイヤーを獲得しています。

Q:今日は少し雨が降ってドライとウエットの2種類で走りましたが?
アロンソ:いやー、いい1日だった、楽しかった。初めてのレースカーをドライブするのは好きだが特に今回のインデイカーでのロードコース走行は特別だった。ウェット、インター、ドライとあらゆる状況で走行できたのは運が良かったがいずれの状況でもいいフィーリングが得られた。午後はちょっと風が強かったが天候はテストにはちょうど良かった。

Q:スーパースピードウェイとロードコースとどちらが好きですか?
アロンソ:これまでのキャリア的にはロードコースをあげるところだが、インディ500での体験はすばらしかったので今は50:50。ロードコースでのフィーリングもいいが、オーバルでのトーやトラフィックをうまく利用してオーバーテイクする達成感も良かった。オーバーテイクの動きに関してはオーバルの方がやりやすく、コース上のアクションとしてはインディ500は好きだ。

Q:今回のテスト内容には”将来の選択肢”として新たな発見や経験はあったのか?
アロンソ:もちろん。テストは去年から機会を狙っていた。インディ500の後も何度かテストのチャンスはあったが時間が合わなくてなかなか乗れなかった。今回ようやく乗れてうれしい。特に新しいレースカーを運転することやレースカーやチーム、エンジニアたちから新しいことを学んだり経験したりすることは好きだし、今日は本当にいい1日になったと思う。