今シーズン、多くのレースで追い上げを見せた佐藤琢磨

2018年10月16日



インディカーシリーズの2018シーズン年間表彰式はすでに終わりましたが、Indycar.comは独自に注目選手を評価しています。

Indycar.comは今シーズンのレースやドライバーを様々な角度からデータを解析し独自分析し表彰に値するドライバーをピックアップしました。

選考基準は各レースの周回数終盤の10%で最もポジションアップしたドライバーを評価するというものです。

【佐藤琢磨】
ノーアタックノーチャンスのモットーで開幕戦セントピーターズバーグでは3ポジションアップ。アラバマGPでは6ポジションアップ。シーズンではトータル13ポジションアップで1レースあたり0.76ポジションのアップを記録しました。

【Sパジェノー】
インディ500で4ポジションアップ。その他6レースでトータル11ポジションアップして、1レースあたり0.65のポジションのアップ。

【Mチルトン】
全17レース中9レースで最低1ポジションアップし、トータルで10ポジションアップ。1レースあたり0.53ポジションのアップ。

この結果、佐藤琢磨選手がレース終盤で最もポジションアップしたドライバーに選ばれました。

ちなみに、シーズン最もオーバーテイクしたドライバーはトータル5000近いオーバーテイク回数の中で
321回のオーバーテイクを見せた”オーバーテイカーオブザイヤー”はAロッシが獲得しています。