エリクソンがインディカーを初テスト

2018年12月04日



超多忙につき翻訳できず。下記参照されたし。
https://www.indycar.com/News/2018/12/12-04-Ericsson-First-Test

アロンソとマクラーレンがシボレーエンジンで第103回インディ500へ

2018年12月04日



超多忙につき翻訳できず。下記参照されたし。
https://www.indycar.com/News/2018/12/12-04-fernando-alonso-mclaren-chevy-2019-indy-500

【発表!】GAORAインディカー新語流行語大賞2018

2018年12月04日

11月いっぱいで投票を締め切り集計した結果、以下の通りとなりました。

「バチが当たったんじゃないですか?」
by 松田秀士、村田晴郎@ロードアメリカ
8票

「パチンコ玉みたいなヘルメットですね」
by 松浦孝亮@ソノマ
6票

「ここまではザコキャラ」
by 松浦孝亮@ソノマ
4票

「どっちがハマーさんですか?」
by 武藤英紀@ソノマ
4票

「ガンガンいこうぜ」「セバスチャン “ガンガン” ブルデー」
by 松浦孝亮、村田晴郎@ミッドオハイオ
3票

「冗談じゃないよ!」
by 松田秀士@ポートランド
1票

「WHAT’CHA COOKIN’」
by BUTTERBALL
1票

「はい、アピールタイム終了です。」
by 村田晴郎@ポートランド
1票


以上、
「バチが当たったんじゃないですか?」
が、GAORAインディカー新語流行語大賞2018に決定しました。
みなさま、投票ありがとうございました。

続いて、「みなさまが独断で選ぶ名シーン大賞2018」を募集します。
詳細は改めて発表するのでもうしばらくお待ちください。

アンサー家の4代目がマツダスカラーシップ獲得に挑戦

2018年12月04日



10万ドルのマツダスカラーシップと2019シーズンのGlobal MX-5 Cupフル参戦資格者を選考するMazda Road to 24 Shootoutが今週の金曜日にアリゾナ州フェニックス郊外のファイアーバードレースウェイで開催されます。

今シーズンにマツダがサポートするスペックミアータレースなどで今シーズンに目覚ましい活躍を見せた4人の若手ドライバーをピックアップし、さらにこの金曜日にその中からスカラーシップ受賞者一人を選考します。

選考会の「Mazda Road to 24 Shoouout」では6人の審査官によって前日に開催される夕食会から日曜日のレース後のミーティングまでの間、レースカーに乗っている時間以外でもマツダを代表するプロドライバーとしてふさわしいかどうかが審査されます。

1参加ドライバーは20分のプラクティスセッションを3回行い、日曜日には12分の練習セッションののちに模擬予選と模擬レースを行います。

ドライバーはくじ引きでフォーミュラマツダレースカーが割り当てられてレースを行いますが、レースコントロールによるブルーフラッグが掲示されないとパッシングが許されません。それぞれのドライバーは最後まで安定したレース走行ができるかが6人の審査員によって審査されます。

今回の最終選考に残ったのは以下の4人。

マイケル・カーター
18歳。SCCA Hoosier Super Tour Points Championshipランキング2位。

マシュー・ダークス
16歳。Spec Miata class championship in NASA’sの地区チャンピオンでCOTAで開催されたToyo Tires Classic(77台が参加したスペックミアータレース)ではポールポジションを獲得。

ハンナ・グリシャム
18歳。Spec Miata championship in the NASA 地区ランキング2位

ロニ・アンサー
20歳。ジョニー・アンサー(アルの甥、アル・ジュニアの従兄弟)の娘。Spec Miata class of the SCCA Rocky Mountain RegionとWorld Racing League耐久レースの2つのシリーズで上位入賞。