REVグループがロードアメリカ戦のイベントタイトルスポンサーに

2019年01月17日



6月23日にウィスコンシン州のロードアメリカで開催される第10戦のイベントタイトルスポンサーがREVグループとなることが発表されました。

REVグループは地元ウィスコンシン州のミルウォーキーをベースとする企業で、消防車や救急車、バスやトラックなの特殊車両を製造する企業です。
https://www.revgroup.com/

これまでもREVグループはインディカーシリーズのセーフティチームであるAMRが使用する救急車を供給してきています。

ファイアストンが最終戦のイベントタイトルスポンサーに

2019年01月17日



ファイアストンがラグナセカレースウェイで開催される最終戦のタイトルスポンサーを務めることが発表されました。

ファイアストンはインディカーシリーズには25年間タイヤを供給し続け、グッドイヤーの撤退後は単独タイヤサプライヤーとして20年間インディカーシリーズにタイヤを供給し続けています。

また、2019シーズンの最終戦はカリフォルニア州モントレーにあるラグセカレースウェイで開催され、イベント名はファイアストン・モントレーグランプリとなります。

ラグナセカレースウェイは1周2.213マイルで11ターンのパーマネントロードコースで、コークスクリューコーナーが有名です。

ラクナセカでのインディカーレース開催は15年ぶりとなります。

各チームがセブリングで新シーズンを始動

2019年01月16日



現地15日にフロリダのセブリングインターナショナルレースウェイでチームテストが行われ、5チーム11人のドライバーがテストに参加しました。

今回のテストは今年に入って各チーム初めてのテストで、ワークショップでのデータシミュレーションなど実車で確認する今年初めてのテストとなります。

参加チームとドライバーは以下の通り。

【エドカーペンターレーシング】
スペンサー・ピゴット
エド・ジョーンズ

【アンドレッティオートスポーツ】
マルコ・アンドレッティ
ザック・ビーチ
ライアン・ハンターレイ
アレクサンダー・ロッシ

【シュミットピーターソンモータースポーツ】
ジェームス・ヒンチクリフ
マーカス・エリクソン

【レイホールレターマンラニガンレーシング】
グラハム・レイホール
佐藤琢磨

【チップガナッシレーシング】
フェリックス・ローゼンクビスト

NTTグループが北米最高峰のモーターレース「インディカー・シリーズ」の冠スポンサーに

2019年01月16日



NTT持株会社ニュースリリース
2019年1月16日
INDYCAR
NTTグループ

NTTグループが北米最高峰のモーターレース「インディカー・シリーズ」の冠スポンサーに
~公式テクノロジーパートナーとしてインディカーとの協業開始~

 デトロイト発-2019年1月15日-インディカー(INDYCAR)は本日、北米国際オートショーにおいてNTTグループのグローバル持株会社NTT, Inc.が複数年契約を締結し、2019年よりインディカー・シリーズの冠スポンサー、並びにインディカーの公式テクノロジーパートナー(※1)となると発表しました。本協業を契機にNTTグループ(※2)はインディカーのスマート化に向けて貢献してまいります。

 インディカーはNTTグループとともに、インディカーのモバイルアプリの機能拡充やNTTが開発を進めるスマートプラットフォームなどをレースやサーキットに活用することで、デジタルイノベーションによるファン体験の向上を目指していきます。

 NTTの澤田純社長は「インディカーとの協業を大変光栄に思っております。テクノロジーはスポーツそのものやファン体験を大きく変えていくことができます。NTTグループはこれまでも都市、エンターテイメント、モビリティ、製造業などのスマート化をパートナー企業と挑戦してきました。今回も、モバイルアプリ、データ分析やユーザーエクスペリエンスなど我々の長年にわたる実績や経験をもとに、デジタル体験を通じてレースを楽しむ新たな世代のファン層の開拓に貢献してまいります。」と述べています。

 インディカー・シリーズはモータースポーツの中でも、最もスピードが速く、コースに多様性があるチャレンジングなレースと評価されています。本シリーズは、ロード、ストリート、オーバル、そしてインディアナポリス・モーター・スピードウェイに代表されるスーパースピードウェイコースで開催されます。

 インディカーとインディアナポリス・モーター・スピードウェイを所有するHulman & Company社の社長兼最高経営責任者であるマーク・マイルズ氏は「インディカーの持続的な成長のためには強靭なテクノロジーパートナーが必要不可欠です。今回、NTTが我々の冠スポンサーとなったことをとても嬉しく思っております。我々はモータースポーツとファンの距離を近づけてきました。このことがインディカーの人気につながっており、今後も引き続きそのミッションをもってまい進を続けます。インディカー・シリーズに参戦しているチップ・ガナッシ・レーシングチーム(Chip Ganassi Racing Team) におけるNTTデータの関わりなど、当社とNTTグループとはすでに歴史があります。本パートナーシップによって、地球上でもっとも楽しいレーシングプログラムを提供するインディカー・シリーズに、新たなファン層が開拓できると確信しています。」

※1:インディカー(INDYCAR)、インディカー・シリーズ(the IndyCar Series)、インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(Indianapolis Motor Speedway)、インディ500(the Indianapolis 500)、ブリックヤード400(the Brickyard 400 NASCAR race)を対象としたパートナーシップ。

※2:日本電信電話株式会社およびその子会社・関連会社

【速報】NTTインディカーシリーズがスタート!

2019年01月16日



インディカーは現地1月15日、デトロイト国際オートショーにてシリーズタイトルスポンサーとしてNTTと複数年契約を結んだことを発表しました。

NTTは合わせてインディカーシリーズとインディアナポリスモータースピードウェイの公式テクノロジーパートナーとしての契約も結ぶことになっています。

記者発表にはインディカーのマーク・マイルズCEOの他にNTT常務取締役(グローバルビジネス推進室長)の奥野恒久氏が出席し佐藤琢磨選手のインディ500での優勝と日本でのインディカー中継による日本でのインディカーの知名度の高さをコメント。テクノロジーイノベーションにおいてインディカーシリーズはNTTにとって最高のパートナーになるであろうと挨拶をのべています。

2012年よりグループ企業のNTTデータがチップガナッシレーシングのアソシエイトスポンサーを務めていました。

会見にはそのはか、スコット・ディクソン、トニー・カナーン、チップ・ガナッシ、インディカー代表取締役のジェイ・フライ、ボビー・レイホール、HPDのアート・セントシアー社長、GMのジム・キャンベル氏らが出席しています。