インディカーがコクピットの安全装置を導入

2019年02月20日



インディカーはコクピットの安全性向上のための新たな装置を導入することを発表しました。

4月24日にインディアナポリスモータースピードウェイで開催されるオープンテストで、全車はダラーラが製作したチタン製のアドバンスド・フロンタル・プロテクション(AFP)を装着することになります。

AFPは高さ3インチ(7.62cm)、横幅は約2cmで、ドライバーへ飛んでくる破片を排除する機能があります。

装着位置はコクピットの正面、シャシーのセンターで、強度はダラーラ製ロールフープと同等となっています。

AFPの装着に関しては2012年から実車テストやシミュレーターテストが重ねられ、実用性が高いということで導入に至っています。

本日、参加チームはインディカーからAFPに関する説明を受け、第103回インディ500から実戦導入されて、そのままシーズン中で装着されることになります。

安全装置の導入に関してはヘイローの導入も検討されたものの、現行のダラーラシャシーには装着不可能であるとの結論に達しています。

インディカーはこれまでPPG製のウィンドスクリーン導入に向けてISMレースウェイとインディアナポリスモータースピードウェイで実車テストを行ってきました。いずれのテストでもドライバーから問題点の指摘は無かったものの、アラバマのハンスビルにあるPPGの施設で行われた最近のテストで、導入までにはまだ解決課題があることが判明しています。