【新企画】2019パワーランキング

2019年03月30日



Indycar.comの新企画、「パワーランキング」。レースごとに様々なデータを集計してランキングを決定します。ちなみにウィル・パワーとは関係はありません。

データとしてレース結果の他に予選順位、オーバーテイクの回数、走行順位と順位変動などを参考に結果を導き出します。

今回はまだ2レースしか行われていないので2レース分のデータで解析されますが、今後はラスト4レースでのデータを元に判断され、4レース中で直近の成績をより優先して結果が導き出されます。

【ナンバー1ドライバーは?】
これは間違いなくジョセフ・ニューガーデン。開幕戦で優勝し、第2戦でも2位フィニッシュしてランキング1位になっています。

【上昇株】
コルトン・ハータとライアン・ハンターレイ。ハータは第2戦での優勝の結果、ラキング9位から2位にアップしています。ハンターレイは第2戦で3位表彰台に乗った結果、ランキング20位からランキング6位へと最も大きなランクアップを見せています。

【下落株】
ウィル・パワーとフェリックス・ローゼンクビスト。共に開幕戦では上位フィニッシュしたものの、第2戦でポールポジションだったパワーは45周をリードしながらもメカニカルトラブルで最後尾の24位フィニッシュ。デビューレースでラップリードを記録し4位フィニッシュしたローゼンクビストは接触によるクラッシュで23位に終わっています。

Top-10 ランキング (through 2 of 17 races)
1 Josef Newgarden  (前回=1位タイ)
2 Colton Herta  (前回9位)
3 Will Power  (前回1位タイ)
4 Scott Dixon  (前回3位)
5 Alexander Rossi  (前回4位)
6 Ryan Hunter-Reay  (前回20位)
7 Graham Rahal  (前回11位)
8 Felix Rosenqvist  (前回4位)
9 James Hinchcliffe  (前回6位)
10 Simon Pagenaud  (前回8位)