第103回インディ500のペースカーをお披露目

2019年04月02日



第103回インディアナポリス500マイルレースのペースカーとして2019年型シボレー・コルベット・グランドスポーツがお披露目されました。

コルベットがインディ500でのペースカーを務めるのは1978年から16回目で最もペースカーを務めたクルマとなりました。

シボレーのクルマがインディ500のペースカーを務めるのは1948年以降で30回目で、1948年のペースカーはシボレー・フリートマスターシックス・コンバーチブルでした。

2019型シボレー・コルベット・コンバーチブルは6.2リッター、V型8気筒、アルミブロックエンジンを搭載。馬力は460hp、トルクは460 ft·lb(623.68 Nm)、8速パドルシフトで、発進加速0-60 mphは3秒6です。

パレードラップでのペースカードライバーは後日発表されることになっています。

シボレーはフランス移民のシボレー兄弟が立ち上げた自動車メーカーで、現在はゼネラルモータースの一ブランドになっています。

1911年の第1回インディ500ではシボレー3兄弟が参戦して一番下のアーサーがドライブ。予選14位から36位フィニッシュしています。

ルイ、ガストン、アーサーのシボレー3兄弟はインディ500に8回出場。1920年の第8回インデイ500ではルイが設計したレースカーをガストンがドライブして優勝しています。タイムは5時間38分32秒で、2位には6分16秒の差をつけています。

ちなみにこの年から予選は4周の周回で計測されるようになっています。

Photo:IMS