琢磨がポールポジション、ロードコースでは初

2019年04月07日



アラバマ州バーバーモータースポーツパークで行われた第3戦アラバマ・グランプリの予選で佐藤琢磨選手がポールポジションを獲得。

チームメイトのグラハム・レイホールも予選2位で、レイホールレターマンラニガンレーシング(RLLR)フロントローを独占しました。

琢磨選手のポールポジション獲得は通算8回目で2017年ポコノ以来。ロードコースでは初めてとなります。

RLLRのフロントロー独占は2005 年シカゴランドでのダニカ・パトリックとバディ・ライス以来となります。

予選3位のディクソンはバーバーではキャリアベストタイとなります。バーバーでは過去7回の表彰台があるものの未だにここでは勝利はありません。

バーバーでは過去8回ポールを獲得してきたペンスキー勢は3台ともTOP6に残れず。予選TOP6にペンスキー勢が一台も残れなかったのは2014年のロングビーチGP以来となります。