【佐藤琢磨優勝】アラバマGPをさらっと振り返る

2019年04月09日



今季初、キャリア8回目のポールポジションを獲得。アルJr.やハンターレイの7回、ニューガーデンの6回、ウェルドンの5回を上回っています。

スタートではレイホールを突き放してホールショット。


18周目に1回目のピットストップ。左後輪のタイヤナットが転がってしまってタイムロス。
その後にピットインしたグラハムは電気系トラブルで後退。


しかし、そのピットストップ前のプッシュでディクソンに対しては6秒ほどの差をつけていたために、ブレンドラインでピットアウトしてくるディクソンをおさえてラップリーダーの座をキープすることに成功。


ラスト25周は新品ブラックタイヤを選択。1台後ろに周回遅れのレイストが入る幸運と、3位のブルデイが新品ソフトタイヤを選択したために、2位にいたディクソンが防戦を強いられたのも追い風になりました。


残り5周のところでコースオフ!!しかし、幸いにも大きなダメージとロスは無くはトップをキープ。


最後は2位のディクソンを2秒6引き離してフィニッシュ。ピットウォール側に寄って行ってしまうのは無意識なのでしょうか?


で、ビクトリーレーンでなぜかファイアホークとグーでとても嬉しそうにハイタッチする天野さん。


ビクトリーレーンで琢磨選手とインタビュースタンバイ中の天野さんの2ショット。


ビクトリーレーンで電話インタビュー中の琢磨選手。


エンディング前の最後のCM中に炭酸水をグビグビ飲む辻野アナ。


さあ、今週末はロングビーチだ!!