スーパースピードウェイ用の新パッケージ

2019年04月27日



今年のインディ500で使用されるエアロパッケージに変更が加えられます。

【フロントウイングメインプレーンの形状を変更】
メインプレーンのエンド部分がU字型にカットされます。エンドプレートの形状には変更はありません。
U字型にカットすることによって流速が高くなり、フロントダウンフォースが増加するということです。
これまではエンドプレートに向けて緩やかなカーブを描いていましたが、その部分がバッサリとカットされた形になりました。すべてのチームはこのメインプレーンを使用しなくてはなりません。



【フロントウイングエクステンション】
昨年のポコノで導入されたフロントウイングエクステンションの使用が許可されます。仕様の選択はチームの判断に任され、左右両方に装着するか、左右どちらかだけに装着するかもチームの判断となります。


【ガーニーフラップの装着】
前後それぞれのウイングにガーニーフラップの装着が許可されます。ガーニフラップは前後それぞれ長さの違うものがあり、選択はチームに任されます。ガーニーフラップを装着するとダウンフォースはアップしてコーナーリングはより安定しますが、ドラッグは増えてストレートの伸びは鈍くなります。

昨年はインディ500史上最高気温となり、空気の膨張によってダウンフォースが下がってしまい、接近戦が非常に困難な状況になりました。今回のエアロレギュレーションの変更はその問題に対応させたものになっています。