第103回インディアナポリス500 予選ルール

2019年04月28日



【5月18日土曜日】
•8:00-9:30:プラクティス
•11:00-17:50:予選


①1台ずつ4周を走行(アテンプト)し、その平均速度で順位を決定する。
②各車金曜日実施のくじ引きによる出走順で4周のアテンプトを最低1回行う。
17:50までは再アテンプトが可能。
②再アテンプトはこれまで同様に白紙再アテンプトのレーン1と、すでに出したスピードをキープしながら再アテンプトするレーン2に分けられる。
レーン1はレーン2に優先する。
③上位9台は日曜日のFAST9シュートアウトへ進出。
④10位から30位までは”グリッド確定”(日曜日の予選アテンプトは無し)。
⑤31位以下はラストローシュートアウトへ。

【5月19日日曜日】
•10:15-10:45: Fast9 シュートアウト プラクティス
•10:45-11:15: ラストロー(最後列11列目)シュートアウト プラクティス
•12:15-13:15: ラストローシュートアウト
•13:15-14:15: FAST9 シュートアウト
•15:15-18:00: プラクティス


①ラストローシュートアウトでは金曜日のくじ引きによる出走順にて各車1回のみのアテンプトを行い上位3台を決定。
②FAST9シュートアウトでは土曜日のスピードの遅い方から各車1回のみのアテンプトを行いグリッド3列目までを決定。

※土曜日には9番手争いとと30番手争いのバンプ合戦が展開されますが、日曜日は1回のみのアテンプトなので1発勝負となります。