インディアナポリスの週末の天候は通常営業

2019年05月17日

BACK AGAIN IN INDIANA

2019年05月17日



インディアナポリス地方の大サンダーストームの影響で20分遅れで到着。
到着コンコースでは1972年にマリオ・アンドレッティがドライブしたパーネリ・オッフィーがお出迎え。


第103回インディアナポリス500 3日目情報まとめ

2019年05月17日



晴れ→雷雨 気温21度 路面温度31度

【プラクティス3リザルト】
http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2019-05-16/05-16-19%20Indy%20500%20P3%20results.pdf

【プラクティス3NTS(単独スピード)リザルト

http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2019-05-16/05-16-19%20Indy%20500%20no-tow%20P3.pdf

【今月ここまでのリザルト】
http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2019-05-16/05-16-19%20Indy%20500%20combined.pdf

【3日目公式ハイライト映像】
https://www.youtube.com/watch?v=SxdAnF83lXY

【途中で降雨中断】
ドライバーがレースカーを降りてきた直後のジェスチャーはコメント以上に実際の状況を物語ります。
この日は気温辺がが大きく各車ののハンドリングバランスは全く定まらず、多くのドライバーがハンドリングバランスの不満を訴えていました。

【エド・ジョーンズがトップスピード】
トータル37ラップと少なめの走行で227.843mph。これは今月最速のWパワーの229.745mphに迫るスピード。NTSでもトップとなる224.957mphで満足の様子。
「ノートースピードでトップになるのがも今日だったので今日は上出来。今日は順位上にハンドリングバランスで大きな収穫があった。今日の大きなコンディション変化に対応できたのも大きい。明日は雨が止んでから大きく状況が変化しているはずなどで、上手く対応して予選セットを進めていきたい」とコメント。

【琢磨選手が2番手】
47周を走行して226.699mphで2位。NTSでは224.428mphの7番手。
「天候にもレースカーにも問題のある日でしたが、収穫はありました。最初に予選シミュレーションをこなしてからレースセットアップをやりました。そのうちのいくつかは手ごたえがあったので良かったと思います。天候悪化で打ち切りになったので集団走行ができなかったのは残念でしたが、それでもいい日になったかと思います。明日から予選ブーストになって時速7マイルくらいはスピードアップするのでまた別の世界に入りますね。これから3日間は完全に予選モードに入りますが、とにかく4周だけのレースカーを仕上げることだけに集中します。」とコメント。

【オーワードがターン2でクラッシュ】
現地12時17分にターン2でスピン、単独クラッシュ。自力で降りる。メディカルチェックはクリアし、ケアセンターからリリース。
「(リプレイを見ていなくて)まだ何が起きたのかよくわかりませんが、何もできませんでした。ここでは「ぶつかった人」と「ぶつかっていない人」の2種類のドラバーがいますが、自分も「ぶつかった人」の仲間入りができました。少し痛みますが体は大丈夫。」とコメント。

【NASCARチャンピオンが訪問
NASCARカップシリーズを7回制覇し、ブリックヤード400で4勝しているジミー・ジョンソンがスピードウェイを訪問。

【アロンソは出走せず】
昨日2日目の12時35分にクラッシュしたアロンソはエンジンへのダメージも発見されて、プライマリーカーの修理を断念してスペアカーに切り替えるも修復が間に合わず、この日は出走せず。

【明日から予選ブースト】
明日の”ファストフライデー”からターボブースト圧がアップし、約50馬力ほどパワーアップします。トップスピードも時速5~7マイルほど速くなります。

【明日5月17日金曜日ファストフライデースケジュール】

10 a.m.-6 p.m.: Public gates open
11 a.m.-6 p.m.: Open practice
6:15 p.m.: Qualifications draw