メナードがインディ500初制覇

2019年05月28日



今回のパジェノーのインディ500優勝はチームペンスキーにとっては通算18勝目でしたが、22号車のメインスポンサーを務めるメナードにとっては初勝利となりました。

メナードの代表を務めるジョン・メナードは1980年代から自らのチームで15回インディ500に参戦してきたものの勝利はありませんでした。しかし、16回目の挑戦でスポンサーとしてついに念願のビクトリーレーンに立つことになりました。

メナードのインディ500初レースはドライバーにハーム・ジョンソンを擁して挑戦した1980年。しかし、予選落ちが続き、インディ500初出走は1984年でした(予選9位)。その後、メナードはチームを立て直して再挑戦し、1992年にはアル・アンサーとV6 OHVエンジンのビュイックを搭載したローラで2位フィニッシュします。

1996年にはポールポジションを獲得したスコット・ブレイトンがプラクティス中に事故死するという悲劇もありました。

「今回の優勝ほど特別なものは無い。この優勝のために40年間頑張ってきた。これまでここでは様々なことがあったが、まるで終わりの見えない旅のようだった。しかし今日ようやく目標地点にたどり着くことができた。」とメナードはコメント。

しかし、「またここで勝ちたい」と今後もスポンサー活動を継続することを宣言しています。

SKYPEリポート

2019年05月28日



現地からのスカイプリポートですが、今月から通信環境の悪化を理由に現地の通信会社をVrizonからT-Mobileに変更しました。

インディ500予選生中継では長時間にわたってクリアな映像をお届けれきましたが、今回のインディ500終了後はさすがに回線混雑でダウン。携帯電話にもリダイヤルしたもののまったくつながりませんでした。

最終的には天野さんの個人携帯のVrizonのLTEで繋がりましたが、ちょうど記者会見終了後のタイミングにうまくつながって良かったです。

おそらく今週末のデトロイトGP以降は問題ないでしょう。

スタートコマンド!

2019年05月28日



現地でのトラブルでアメリカ国内でも流れなかったらしいです。
生放送終了後に現地から再送信がありました。

再放送は映像を修正してあります。

パジェノーVSニューガーデン

2019年05月27日



レーススタートからレッドフラッグまでにパジェノーはそれまでのピットストップでウイングアジャストはトータルハーフターン。

ニューガーデンはトータル8ターンのアップでした。

パジェノーのレースカーは完ぺきでした。

完飲!

2019年05月27日



GAORAでは初めてです。インディ500で一人で飲み干した人は見たことがありません。