マクラーレンがインディカーシリーズにフル参戦

2019年08月09日



マクラーレンレーシングは2020シーズンからのインディカーシリーズフル参戦を発表しました。参戦にあたってはシュミットピーターソンモータースポーツ(SPM)とシボレーと戦略パートナー契約を結ぶということです。

チーム名は引き続きアローをチームタイトルに加えてArrow McLaren Racing SPとし、シボレーエンジン搭載車を2台フルシーズンでエントリーします。

チーム運営に関してはこれまでのSPMをベースにマクラーレンから技術スタッフ、営業スタッフを派遣して体制を強化、これまでチーム代表を務めてきたサム・シュミットとリック・ピーターソン引き続きそのポジションを継続します。

これまでマクラーレンレーシングでスポーティングディレクターを務めてきたジル・ドフェランも子にプロジェクトに加入することになっています。

ドライバーに関しての発表はまだありません。

これまでSPMとジョイント参戦をしてきたメイヤーシャンクレーシング(MSR)はIMSAでアキュラNSXGT3を走らせていることもあって2019シーズンでジョイントを解消することになります。

インディカーのファンサービス

2019年08月09日



先日のアイオワ8時間耐久レースにカンザスシティから現地観戦に行った私の友人でアーリー・ライエンダイクの友人でもあるジャック・バンダイク氏によると、レース前の荒天時はガレージをレースファンに開放して避難させていたようです。

通常はパーテーションなどを立てて作業エリアを仕切ったりするのですが、今回はそのパーテーションもしていないようですね。

なかなか始まらないレースにしびれを切らした日本のレースファンの方からは「早く延期を決めればいいのに・・・」などと言う声もありましたが、現地にはジャックのように遠くの州から日帰り前提でロングドライブで訪れるレースファンも多く、イベント出展ブース、イベントボランティア、TV放送枠確保の関係もあって簡単に延期はできず、時間ぎりぎりまで天候回復を待ってレースを行うのが常なのです。

インディカーニュース 8月8日付

2019年08月09日



【ヒンチが結婚披露宴】
8月3日にカナダでジェームス・ヒンチクリフがベッキーさんと結婚を上げました。二人は昨年7月に婚約を発表していました。

【パワーが通算4,019周をリード】
ウィル・パワーはインディカーレース通算4019周をリードしました。インディカーレースで通算4000周を突破したのはパワーで11人目となります。現役最多ではディクソンの5,559周、カナーンの4,071周が続きます。歴代最多はマリオ・アンドレッティ様の7,595周!!です。

【複数優勝@ポコノ】
AJフォイトの通算4勝が最多。チームではペンスキーが10勝、アンドレッティが2勝だけになります。

デイリーがアンドレッティから最終戦に参戦

2019年08月09日



アンドレッティオートスポーツとアメリカ空軍は最終戦のラグナセカで#25でコナー・デイリーをドライブさせることを発表しました。

デイリーがアンドレッティから参戦するのは通算5回目、今季2回目で前回のインディ500では予選11位から10位フィニッシュしています。

今季デイリーはテキサスとアイオワにカーリンから参戦していて、ロードコースでのレースは去年のミッドオハイオ以来になります。