ハーディングスタインブレナーがアンドレッティに合流

2019年09月22日



ルーキーのコルトンハータは来シーズンに関してアンドレッティハーディングスタインブレナーレーシングと契約を交わしたしたことを発表しました。
これまで在籍したハーディングスタインブレナーと共にアンドレッティオートスポーツに合流する形になります。

これで、来季のアンドレッティオートスポーツはハータマルコを入れで5台体制になります。

正式な合流は来シーズンからになりますが、技術提携はすでに今シーズンから始まっていて、昨年はアンドレッティでマルコのエンジニアを担当していたネイザン・オルークが今年はコルトン・ハータを担当していました。

そのハータは今年は第2戦のCOTAで初優勝し、インディカー史上最年少記録を更新。この最終戦の予選では今季3回ののポールポジション獲得して、ルーキーオブザイヤー獲得を狙っています。

RLLRが琢磨選手と2020シーズンを契約

2019年09月22日



【佐藤琢磨公式リリースより】

2019年9月21日、インディアナ州ブラウンズバーグ発。本日、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLL)は2020年に関する佐藤琢磨との契約を更新したことを発表します。2012年シーズンをRLLで戦った琢磨は2018年にチームに復帰。これまでにシリーズで通算5勝した琢磨は、うち3勝をRLLとともに手に入れました。2020年は3年連続でチームと過ごすシーズンとなり、通算では4シーズン目となります。

今季2勝目を挙げた琢磨は、8月24日にワールドワイドテクノロジー・レースウェイ(WWTR)で開催された第15戦 Bommarito 500の段階でポイント5位につけていました。それ以外のシーズンのハイライトとしては、第3戦 バーバー・モータースポーツ・パークで開催されたホンダ・インディ・グランプリ・アット・アラバマでのポール・トゥ・ウィン、テキサス・モーター・スピードウェイで開催されたDXCテクノロジー600でのポールポジション獲得、インディアナポリス500ならびにデトロイトのレース1における3位表彰台が挙げられます。

【チーム共同オーナー、ボビー・レイホール氏のコメント】
「私たちは、今季琢磨が残した成績とコンペティションにおけるレベルの高さについてとても満足しています。琢磨が今シーズンを通じていかにコンペティティブだったかを説明するのに、2回の優勝と2回のポールポジションだけでは不十分です。なぜなら、それ以外のレースで何度も優勝争いを演じたからです。彼がチームにとってなくてはならない存在であることは、最近のレースを見れば明らかです。この決定は、チームの継続性を保つ面で役立つほか、2020年に向けたプログラムを進めるうえでも重要なものです」

【佐藤琢磨選手のコメント】
「来季もこのチームと一緒に歩んでいけることになり、本当に嬉しく思っています。チームのメンバーは誰もが僕を信頼し、全力でサポートしてくれます。僕にとってこのチームは本当に仕事がしやすく、チームの一員であることに誇りを持っています。今年も素晴らしいシーズンとなりました。大変な時期もありましたが、それがむしろ僕たちの結びつきをより強いものにしてくれました。チームの共同オーナーであるボビー、マイク、デイヴィド、そしてチームメンバーのひとりひとりには、どんなに感謝しても感謝しきれません。残る今シーズンを力強く戦いきるとともに、来シーズンをともに戦うことを楽しみにしています」

東京出身の琢磨は2010年にインディカー・シリーズにデビューして以来、168戦に出走。インディカー・シリーズでのハイライトとしては、2017年インディ500、2013年ロングビーチ、2018年ポートランド、2019年バーバー、2019年ゲートウェイでの優勝が挙げられます。この5勝のうち、3勝はRLLで勝ち取ったものです。表彰台には通算12回登壇。うち8回はRLLで獲得しました。ポールポジション獲得は通算9回で、うち2回はRLLで手に入れました。インディカー・シリーズに参戦する以前の2002〜2008年に琢磨は90戦のF1グランプリに出走。最高位は2004年のアメリカGPで勝ち取った3位となっています。