インディカーのタイヤルール

2019年10月28日



15.3.3.2
1台につきそれぞれのタイヤコンパウンド(ソフトとハード)で2周消化しなければならない

15.3.3.2.3
1周は(当該車両ではない)ラップリーダーによってアンダーグリーンの状態で始まらなければならない
(※ブラックでスタートして1周目のフルコースイエローでピットインしてタイヤをレッドタイヤに交換し、コーションラップ中に2周してリスタート前にもう一度ブラックタイヤに戻すなどの行為はルール15.3.3.2.3をクリアしたことにはなりません。)

15.3.3.2.4
スタートフィニッシュラインの位置にかかわらずピットレーンでも2周目完了はカウントされる

15.3.3.2.6

接触でダメージを受けたタイヤは2周の使用義務を免除する

15.3.3.2.7.
このルール(15.3.3.2)はインディカーがウェットスタート、もしくはウェットコンディションを宣言した場合、
もしくはレーススタート後に異なったエントラントで3台以上がウェットタイヤを使用した場合は適用されない。

15.3.4.3.1

インディカーがウェット宣言した場合はウェットタイヤでグリーンフラッグのもとで1周以上しなければならない。その1周目のはピットレーン上でもカウントされる。