ジョン・アンドレッティが亡くなる

2020年01月31日



元インディカードライバーのジョン・アンドレッティが1月30日に大腸がんのため56歳でなくなりました。ジョンは2017年に大腸がんのステージ4であることを公表し、闘病生活にありました。

ジョンはマリオ・アンドレッティ双子の兄弟のアルドの息子で、マイケルのいとこになります。

CARTとインディカーで83レースに参戦。1991年のゴールドコーストではホールVDSから参戦して1勝しています。2007年にはパンサーレーシングからインディ500に参戦し、松浦孝亮選手のチームメイトとなっていました。

NHRAドラッグレーシングのトップフューエルではセミファイナルラウンド進出したほか、NASCARカップシリーズには2勝を挙げ、デイトナインターナショナルスピードウェイでのペプシ400とショートトラックのマーティンスビルで勝利しています。

1989年にはデイトナ24時間レースにも参戦し、ボブ・ウォレク、デレク・ベルとともにポルシェ962をドライブして総合優勝しました。

ジョンの息子のジャレット2019年はピレリチャレンジシリーズのGT4に参戦して2勝したほか、2018年は同シリーズのTCRクラスに参戦し、レーサー鹿島選手のチームメイトでした。

R.I.P

カナーンが2020年を最後のインディカーシーズンに

2020年01月31日



現地20日にトニー・カナーンは今シーズンをインディカーでの最後のレギュラーシーズンとすることを発表しました。

今シーズンはAJフォイトレーシングのNo.14でインディ500を含むオーバルでの5レースに参戦します。インディ500はABCサプライがプライマリースポンサーとなります。

カナーンは1997年にインディライツチャンピオンとなって1998年にタスマンモータースポーツからデビュー。キャリア17勝、ポールポジション15回、表彰台78回、通算377レースを記録。2004年はインディカーシリーズチャンピオンになり、2013年はインディ500を制しています。

そして、2001年のポートランド戦から歴代最長となる317レース連続出走記録を更新し続けていました。通算377レースはマリオ・アンドレッティの407レースに次ぐ史上2位となります。

カナーンは2020シーズンでインディカーキャリア23年目を迎え、45歳は最年長ドライバーとなります。

カナーンはレギュラードライバーとしては最後のシーズンにすると発表したものの、今後のインディ500へのスポット参戦の可能性はまだ残しています。

今シーズンは “TK Last Lap,” というキャンペーンでこれまでのサポートに感謝をしながらの、最後のレギュラーシーズンを迎えます。

第104回インディ500のチケットデザインを発表

2020年01月29日



インディアナポリスのダウンタウンにあるインディアナポリス・シティマーケットで今年の5月に開催される第104回インディアナポリス500マイルレースのチケットがお披露目されました。

インディ500のチケットは前年大会の優勝者がデザインされるのが恒例で、今年のチケットはシモン・パジェノーが牛乳を飲むシーンがデザインされています。

セレモニーではサプライズも行われ、パジェノーの愛犬のジャックラッセルテリアの「ノーマン君」がパジェノーとともにビクトリーサークルで喜び合うシーンがデザインされた架空のチケットも披露されました。


インディ500のチケットはレーススタートと同時に翌年のチケットの販売が開始され、チケットの所有者は来年も同じ席を優先的に購入することができます。なので、常連の観客の中には数10年も毎年同じ席で観戦したり、親子で席を世襲したりする人もいます。当然、隣の席も毎年同じ人ということになります。

席のアップグレードのリクエストをすることもでき、希望のエリアに空きが出た場合はアップグレードすることができます。

2018年のインディ500のチケットには佐藤琢磨選手がデザインされています。

インディカー中継、21シーズン目突入!

2020年01月28日


https://www.gaora.co.jp/motor/2964140

まずは、2月の10日11日にテキサス州のCOTAで行われる合同テストの模様をお伝えします。

オースティン合同テストリポート
初回放送3月8日(日) 23:00 ~ 24:00
3月16日(月) 19:00 ~ 20:00
3月18日(水) 20:30 ~ 21:30


開幕戦セントピーターズバーグ・グランプリ
初回放送3月16日(月) 20:00 ~ 23:00
3月18日(水) 21:30 ~ 24:30

ツイッターでドライバーと直接交流しよう!

2020年01月28日

2017年のインディ500の後にインディカーは世界各国でどれだけツイッターでインディカーのことがツイートされたのかの集計をとりました。

しかし、日本はランクイン圏外でした。
「#indycar」のハッシュタグで集計していたからです。

ツイッターには翻訳機能があるので#indycarのハッシュタグをつけると、世界中のインディカーファンから「いいね」などの反応が返ってきます。

チームやドライバー本人のツイートに日本語で返信したり、コメント付きでリツイートすると、かなりの高確率で本人からの「いいね」が返ってきたりします。

一度お試しを!!