ピゴットがRLLRの3台目としてインディGPとインディ500に参戦

2020年02月28日



レイホールレターマンラニガンレーシング(RLLR)はスペンサー・ピゴットをインディGPとインディ500で走らせることを発表しました。

このプロジェクトはシトローン/ビュールオートスポーツ(CBA)とのコラボレーションとなります。

CBAは元インディカードライバーのロビー・ビュールと兄弟に加えてビジネスマンでディスカバリーキャピタルマネージメント創始者のトム・シトローン、ロバート・シトローン兄弟らによって今年になって設立され、ラリークロスのチームオペレーションや若手ドライバーの育成プログラムを行っています。

フロリダ出身で26歳のスペンサー・ピゴットはマツダロードトゥインディプログラムの卒業生で2015年にインディライツのチャンピオンを獲得してインディカーシリーズへステップアップ。2016年はRLLRから開幕戦、インディGP、インディ500に参戦したのちにエドカーペンターレーシング(ECR)で7レースに参戦。

2017年から2019年まではECRに所属し、去年のインディ500では予選3位のフロントロースタート。2018年アイオワではキャリアベストの2位フィニッシュを記録しています。

完成!オースティン合同テストリポート

2020年02月27日


初回放送 3月8日(日) 23:00 ~ 24:00

カメラマン兼務、音声さん無しの驚異のワンオペ制作!台本なし!事前打ち合わせ一切なし、成り行き撮影番組のブラアマノもとい「オースティン合同テストリポート」が遂に完成!

エアロスクリーン導入に伴う大きな変化に対しての佐藤琢磨選手のインプレッションをたっぷり収録!
天野さんがエアロスクリーンの構造と機能を詳細解説!


天候待ちで時間を持て余す琢磨選手の様子のレア映像も公開!


全チームのドライバーラインナップや戦力を天野さんが解析!


インディカーデビューの注目のアレックス・パロウ選手にも独自インタビュー!


濃密な情報たっぷりの60分間です。


残念ながら、ヒコ・アメーノのメキシカンレストランレポートはありません。
悪しからず。

アロンソがアローマクラーレンSPからインディ500参戦

2020年02月26日



アローマクラーレンSPは第104回インディアナポリス500マイルに元F1世界選手権チャンピオンのフェルナンド・アロンソを起用することを発表しました。カーナンバーは66でパト・オワードとオリバー・アスキューとの3台体制になります。

アロンソはすでにF1モナコGPとルマン24時間レースを制し、「トリプルクラウンレース」の残りの一つとなるインディ500での2回目の出走を目指します。

プライマリースポンサーは2017年に佐藤琢磨選手をサポートしたルーオフモーゲージで、レースカーのお披露目は後日行われるとされています。

チームの前身となるシュミットピーターソンモータースポーツは2011年にダン・ウェルドンがインディ500で優勝。ポールポジションは2011年にタグリアーニ、2016年にヒンチクリフが獲得しています。

担当エンジニアは今シーズンにデイルコインから引き抜いた大ベテランのクレイグ・ハンプソンが担当。ハンプソンはニューマンハース所属時代からセバスチャン・ブルデイと組んでタイトルを何度も獲得。最近では2017年2018年と開幕戦で2年連続優勝させています。

開幕戦はスカチャン1で生中継

2020年02月25日



開幕戦セントピーターズバーグGPの生中継はスカチャン1(CS801 / Ch.581)となります。

3/16(月) 04:00~ LIVE
セントピーターズバーグ・グランプリ
スカチャン1 (CS801 / Ch.581)

3/16(月) 20:00~
セントピーターズバーグ・グランプリ
GAORA SPORTS (CS254 / Ch.602)

ドライバーごあいさつ、チラ見せ。

2020年02月22日

これに背景を付けてテロップを載せます。
今度の「合同テストリポート」番組内ではメディアデイまで紹介しきれないので割愛し、ここでチラ見せしておきます。

COTAでのオープンテスト前日のメディアデーに収録されたのですが、各ドライバーは丸1日かけて様々なVTR収録やインタビュー収録に応じていました。

GAORA向け以外にも様々な放送局向けのコメントをたくさん撮らなくてはならないので、インディカードライバーは本当に大変ですね。