インディカーiRacingチャレンジ第5戦は「インディカーチャレンジ」

2020年04月24日



全6戦で行われるインディカーiRacingチャレンジチャレンジはこの土曜日深夜で第5戦を迎えます。今回の開催地はテキサス州オースティン郊外にあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズです。

エントリーリスト

今回は二人のドライバーがインディカーデビューします。

マクラーレンからF1世界選手権に参戦している20歳の英国人ドライバーのランド・ノリスがアローマクラーレンSPのNo.4をドライブし、豪スーパーカーシリーズで通算13勝を挙げて2014年バサースト1000ウィナーのオーストラリア人で28歳のチャス・モスタートがハータアンドレッティからマルコ・アンドレッティに変わってNo.98をドライブします。

レースは32周、110マイル(176キロ)で行われ、満タンで走れる距離は約16周。12周目にレースコントロールによるコンペティションコーションが出されることになっています。

レースは4月25日深夜3時30分にスタート。
https://www.indycar.com/2020/indycar-challenge

GAORA SPORTSではこの「インディカーiRacingチャレンジ」の模様を日ごろからレースシミュレーターでトレーニングを積んでいる武藤英紀選手とともに録画中継でお送りします。

毎回レース後には琢磨選手へのインタビューも行う予定です。お楽しみに。

第5戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
解説:武藤英紀
実況:村田晴郎
4月30日(木) 21:00 ~ 22:30
5月2日(土) 25:30 ~ 27:00
5月4日(月) 14:00 ~ 15:30
6月2日(火) 13:00 ~ 14:30

【IndyCar iRacing Challengeスケジュール】
第5戦  4月25日 Circuit of The Americas
最終戦 5月 2日 non-INDYCAR “Dream” track (インディカー未開催地)

【途中経過】みんなが選ぶ10番勝負 ②インディカー編

2020年04月24日

26日日曜日いっぱいで締め切りとさせていただきます。

4月24日 13:00現在の途中経過です。
エクセルに張り付けてソートしているので、
下記のフォーマットを守っていただけると非常に助かります。
じゃないと集計大変です。

ツイートする場合は
かならずハッシュタグ「#インディカー10番勝負」をつけてください。
そうしないと集計に反映されない恐れが高くなります。

勘のいい方ならば、私が何を企んでいるのかご想像がつくかもしれませんが、1999シーズン以前のレース、CARTチャンプカーのレースは様々な事情で除外とさせていただきます。


2000 INDY500 初の「Ladies」と、まさかのクラッシュ。
2000 ミシガン モントーヤ対マイケル
2002 テキサス(チャンピオン決定のクローズドフィニッシュ)
2002 ミシガン:トーマス・シェクター&バディ・ライス、ラスト20周余りの猛追劇→1-2フィニッシュ。ニッサン・インフィニティ・パワー大炸裂!。
2003 インディ500 高木虎之介氏活躍
2003 シカゴランド(ロジャー安川の健闘、3ワイドフィニッシュ)
2003 シカゴランド:ホーニッシュJr.VSディクソンVSブライアン・ハータ、3ワイドクローズド・フィニッシュ!。
2003 もてぎ(スコット・シャープの真骨頂)
2003天野 シカゴ ロジャー優勝逃し、ホーニッシュ大逆転優勝
2004 もてぎ (DW初優勝)
2005 茂木。チェッカー直前、バック^_^ストレートであと一歩持たずにガス欠した黄色のシェクター。
2006 INDY500
2006 インディ500 アンドレッティVSサムホーニッシュjr
2006 インディ500 サム・ホーニッシュJr.対マイケル
2006 インディ500 親子
2006稲嶺 インディ500、呪われたアンドレッティ家
2007 茂木。松浦プロのオープニングクラッシュ。
2007 シカゴ 武藤デビュー
2007 シカゴランド ダリオとディクソンの直接の優勝&タイトル争い
2007 シカゴランド ダリオ対ディクソン
2007 もてぎ(是非本人に新たに解説してもらいたい)
2008 アイオワ 終盤の武藤vsマルコと武藤選手&日本人初?表彰台
2008 アイオワ 武藤初表彰台
2008 インディジャパン300:ダニカ・パトリック、女性ドライバー初優勝。
2008 カンザス(七年殺し)
2008 サーファーズパラダイス (体制がシーズン中とは変わっていて新鮮)
2008 シカゴランド ディクソン対エリオ
2008 テキサス (パックからサバイバルレースへ)
2008 もてぎ ダニカ悲願の初優勝!
2008 もてぎ ダニカが燃費勝負で初優勝
2008 アイオワ 武藤発表彰台
2008 もてぎ やはりダニカの優勝。女性ドライバー唯一の優勝が
2008 もてぎ ダニカがもつと知った瞬間の興奮
2009 アイオワ 武藤表彰台
2009 ケンタッキー ペンスキー・ブリスコーvs伏兵ヴィジョン・カーペンターの優勝争い
2009 ケンタッキー 終盤のカーペンターvsブリスコ
2009 マイアミ ダリオ・ディクソン・ブリスコー3人の争い。最後は燃料持たせたダリオに軍配
2009天野 ホームステッド イエローなしでダリオが優勝+チャンピオン
2011 インディ500 まさかのミスターターン4
2011 インディ500 最終周のヒルデブラントとスポット参戦でも優勝したウェルドン
2011 ケンタッキー  2年前のリベンジ カーペンター&サラフィッシャーレーシング初優勝
2011 ツインリンクもてぎ
2012 セントピート Dan Wheldon Way
2012稲嶺 フォンタナ最終戦、リーダー12人の大混戦
2013 INDY500(TKが遂に報われた)
2013 フォンタナ
2014 インディ500 ラスト5周の攻防
2015 インディ500  モントーヤがチームメイトバトルを制して、16年ぶり2回目のインディ500制覇を成し遂げ、無線で喜びを爆発させました!
2015 デトロイト ブルデーvs琢磨
2015 フォンタナ (インディらしいスリルと興奮)
2015 フォンタナ これぞオーバル
2015 ポコノ 7ワイド
2015 ミドオハイオ レイホールが地元オハイオで優勝。彼と最後まで優勝争いを演じたウィルソン
2015天野 ソノマ ディクソン&ガナッシ4台体制がペンスキー倒す
2015稲嶺 ソノマ最終戦、ディクソンとモントーヤが同点
2015稲嶺 ポコノ、パワーがLダウンからの優勝リードチェンジ42回
2016 テキサス ヒンチがレースのほとんどを支配していたが、最終ラップでレイホールに優勝を持っていかれてしまったレース。
2016 テキサス
2016  インディ500 100回目のインディ500。ロッシだけが燃料持たせての勝利。
2016 インディ500 第100回レース
2016 テキサス ヒンチクリフ&カナーン&レイホールのトリプルバトルが終盤展開され、結局グラハムが勝利
2016 フォンタナ、ブリスコーがハンターレイとクラッシュするもブリスコーはけろっとしてた。
2016天野 ミッド・オハイオ パジェノー優勝
2016稲嶺 インディ500、ロッシ大逆転
2017 アイオワ エリオのインディカーシリーズ最後の優勝。
2017 テキサス 2ミリオンクラッシュとドクロブラザーズ
2017 テキサス これぞオーバル
2017 デトロイト、レイホールがレース1、2とも圧巻の勝利。
2018 インディ500
2018 インディ500 パワーが残り5周で優勝
2018 セントピート ウィッケンズが終始安定した走りで初GP初優勝か?と思われたファイナルラップで、ロッシと接触し悔しい初GPとなったレース。
2018 デトロイト レイホールが2連戦優勝
2018 セントピート ウィケンズがデビュー戦でいきなりポールポジション獲得。最後まで優勝争いに絡む
2019 インディカーGP
2019 COTA ハータが10年ぶりに最年少初優勝記録を更新
2019 インディ500 パジェノーとロッシのバトル
2019 インディGP ディクソンvsパジェノー
2019天野 インディー500 ロッシが驚異的パス連発

【途中経過】みんなが選ぶ10番勝負 ①琢磨編

2020年04月24日

26日日曜日いっぱいで締め切りとさせていただきます。

4月24日 13:00現在の途中経過です。
エクセルに張り付けてソートしているので、
下記のフォーマットを守っていただけると非常に助かります。
じゃないと集計大変です。

ツイートする場合は
かならずハッシュタグ「#インディカー10番勝負」をつけてください。
そうしないと集計に反映されない恐れが高くなります。

勘のいい方ならば、私が何を企んでいるのかご想像がつくかもしれませんが、1999シーズン以前のレース、CARTチャンプカーのレースは様々な事情で除外とさせていただきます。


2010 もてぎ 3年ぶりの日本戦で、琢磨らしい不運と攻め
2010稲嶺 アイオワ、3位まで猛烈な追い上げを見せるも・・・
2010稲嶺 カンザス、オーバルデビュー戦で武藤選手とクラッシュ
2011 サンパウロ
2011 サンパウロ 初めて見たトップ走行
2011 サンパウロ(雨の中のラップリード
2011アイオワ 佐藤琢磨初PPからのレース
2011天野 サンパウロ 勝ち損ね
2012 INDY500 残り2週。
2012 INDY500 ファイナルラップでクラッシュ!
2012 インディ500 ガナッシ2台との戦い
2012 インディ500 ラスト5周
2012 インディ500 ラスト数周チップガナッシ2台との戦い
2012 インディ500 最終周のダリオへのアタック 成功しなかったけどいいレースでしたね。。
2012 エドモントン ペンスキーのエリオに惜しくも敗れて2位
2012 サンパウロ 最後方からの追い上げと終盤のエリオ&ダリオのオーバーテイク
2012 サンパウロ 琢磨初表彰台
2012 インディ500 ラスト16LAPから、最終ラップでフランキッティへ仕掛けるまで。
2012 インディ500
2012 インディ500 史上最no attack,no chance
2012 インディ500:佐藤琢磨VSフランキッティ、歴史に残る最終ラップの攻防。
2012 エドモントン(エリオとの優勝争い)
2012 サウパウロ インディカー初の表彰台
2012 サンパウロ 予選走れず→3位
2012天野 インディー500 最終ラップのクラッシュ
2012天野 エドモントン エリオ・カストロネヴェス相手に2位
2012インディ500 最終ラップのダリオへのトライ まさに佐藤琢磨
2012エドモントン エリオとの優勝争い
2012サンパウロ リスタートでエリオ・ダリオの2台抜き
2013 サンパウロ ロングビーチから2連勝がかかっていたが、最終ラップ最終コーナーでヒンチに抜かれてしまう。
2013 サンパウロ(ヒンチクリフとの死闘)
2013 サンパウロヒンチクリフに最終ターンで交わされ2位
2013 ロングビーチ
2013 ロングビーチ 20周過ぎ?のハンターレイのオーバーテイク 自身初&日本人初優勝
2013 ロングビーチ 初優勝
2013 ロングビーチ 琢磨選手初優勝
2013 ロングビーチ 初めて見た優勝
2013稲嶺 サンパウロ、終盤のヒンチとのデッドヒート
2014 ヒューストン1 豪雨の中次々とオーバーテイクしトップ走行
2015 デトロイトDay2 前日の雨の余韻が残る中、中盤にグラハム=レイホールとの激しい3位争い。レイホールがペナルティを受け3位に上がると、残り6周の黄旗明けにファン=パブロ=モントーヤをズバ抜き2位に浮上し、直後の赤旗中断を挟みそのまま2位チェッカー。
2015 フォンタナ 最終局面でパワーとクラッシュするまでのトップ争い。
2015 フォンタナ
2015 ポコノ リスタートで7ワイドからのごぼう抜き
2017 INDY500 残り22周 
2017 インディ500 残り6周でのエリオ=カストロネベスを抜いての日本人初WINNER誕生。
2017 インディ500
2017 インディ500 最初から最後まで。
2017 インディ500
2017 インディ500 ラスト10周
2017 インディ500 圧勝
2017 インディ500 当然
2017 インディ500 日本人初制覇
2017 インディ500 日本人初優勝
2017 インディ500 日本人初優勝。終盤のエリオとのバトルも良かった。。
2017 インディ500:佐藤琢磨、日本人の夢、インディ500初制覇。
2017 テキサス 1 琢磨アクシデント→ラップバック→3ワイド→クラッシュ
2017 テキサス 残り50LAP、ファイアストンタイヤ性能の思わぬ問題で、気づけば琢磨がトップ争いに絡んでゆくレース。
2017 テキサス
2017 テキサス ハイバンクで3ワイド仕掛けるクレイジーサトー
2017 テキサス 終盤の3ワイド
2017 テキサス 接近戦の攻防
2017 テキサス(これは佐藤琢磨だわ)
2017 インディ500 ぼくのゆめみたさいきょうのさとうたくま
2017天野 インディー500 優勝
2017稲嶺 インディ500、日本人初優勝
2018 アイオワ 戦略と素晴らしいドライビングテクニックでシーズン初表彰台。
2018 アイオワ 予選10番手スタート。レースは追いつ追われつの展開が続くが、残り7周でスピンしたエド=カーペンターを助ける(?)形でクラッシュ。ノーダメージだったが黄旗に。この時点で5位だったが、前を走っていたジョセフ=ニューガーデンとロバート=ウィケンズが残り3周でピットインした為3位に浮上。結局このままチェッカーとなり、2018シーズン初表彰台をゲットした。
2018 ポートランド 予選20番手スタートも緻密なピット作業で気づいてみればトップに。
2018 ポートランド  最後はPTPや燃料にも余裕を持っての優勝が良かったですね!!
2018 ポートランド 予選20位からの逆転優勝
2018天野 ポートランド優勝
2019 アラバマ 42歳で初のポールトゥウイン
2019 インディ500
2019 インディ500(インディカードライバー佐藤琢磨の完成)
2019 ゲートウェイ 前戦ポコノでの大クラッシュの発端としてバッシングを受けたあとのレース
2019 ゲートウェイ おっさんズ表彰台!
2019 ゲートウェイ どん底からの復活劇
2019 デトロイト1 FCY明けのスーパーアグレッシブサトー
2019 ゲートウェイ、社長と僅差での勝利。TK 、社長のベテラン表彰台はうれしかったです。
2019稲嶺 ゲートウェイ、どん底からの優勝