【チームゴウ公式リリース】アレックス・パロウ、待望のインディカー・シリーズのデビュー戦は レーシングアクシデントに巻き込まれて短時間で終わる

2020年06月08日


Dale Coyne Racing with Team Goh
<2020 NTT INDYCAR SERIES レースレポート>
第 1 戦 GENESYS 300 (200 周回)
会場:TEXAS MOTOR SPEEDWAY / オーバルコース / 1.5 マイル
予選:2020 年 6 月 6 日 予選結果:16 位
決勝:2020 年 6 月 6 日 決勝結果:リタイア(36 周回 23 位)


アレックス・パロウ、待望のインディカー・シリーズのデビュー戦は レーシングアクシデントに巻き込まれて短時間で終わる

デイル・コイン・レーシング with チームゴウのルーキー、アレックス・パロウは、6 日(土)にテキサス・ モーター・スピードウェイで開催されたジェネシス 300 にて待望の NTT インディカー・シリーズへの デビューを果たしました。しかしながら、パロウの 55 号車は 200 周回のレースの 37 周回目にレーシ ングアクシデントに巻き込まれ、短時間の内にそのデビュー戦を終える結果となりました。

1 デーイベントとなった 2020 年 NTT インディカー・シリーズの開幕戦、パロウは 1.5 マイルのコース で 2 時間の練習走行の後、自身のキャリア初となるオーバルレースの予選に挑み、24 台中 16 位とまず まずの成績を残しました。

レースは現地時間 19 時 10 分にスタートし、序盤、ポジションを保持しながら徐々にスピードアップ をはかっていたパロウは、35 周回目に 15 番手で最初のピットインをしましたが、不運はそのピットア ウト直後にやってきました。37 周回目、パロウと同じくルーキーであるライナス・ヴィーケイ選手が ウォールにヒット。スピンしながら下ってきたヴィーケイ選手の 21 号車とパロウの 55 号車が接触。 結果、パロウはコースアウトし、マシンのダメージが大きくリタイアとなりました。


◆アレックス・パロウのコメント
「自分にできることはあまりなかったと思う。もう少しアウト側に寄っていれば良かったのかもしれないけど、今そう言うのは簡単だよね。「たられば」の話だから。リプレイを見てみないとね。僕にオーバルの経験があれば、もっと違うことができたのかもしれないとは思うど。 」 「マシンのセッティングはとても良い感じだったから残念だよ。スタートから段々に快適になってきて、スピードも上げていけた。ラップを重ねる毎にどんどん良くなってきて、前のマシンについていくことができたよ。最終スティントに向けてクルマのバランスを整えようとしていたんだけど、残念なが らそれは叶わなかった。」

デイル・コイン・レーシング with チームゴウとアレックス・パロウの次戦は、7 月 4 日(土)にインディ アナポリス・モータースピードウェイのロードコースで開催される GMR グランプリとなります。

公式ウェブサイト
https://www.teamgoh.com/
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/team_goh_motorsports/