【チームゴウ公式リリース】アレックス・パロウ、ゲートウェイ500第2レースで レース・ファステスト・ラップを記録

2020年08月31日


公式ウェブサイト
https://www.teamgoh.com/
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/team_goh_motorsports/

デイル・コイン・レーシング with チームゴウ
<2020 NTT INDYCAR SERIESレースレポート>

アレックス・パロウ、ゲートウェイ500第2レースで
レース・ファステスト・ラップを記録
~オーバーテイクが困難なレース展開下、14番手からスタート、12位でフィニッシュ~


デイル・コイン・レーシング with チームゴウのアレックス・パロウは、米国イリノイ州にあるワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイで開催されたインディカー・シリーズ第9戦「ゲートウェイ500第2レース」でレース・ファステスト・ラップを記録。しかしながらレースは極端にオーバーテイクの機会が限られた展開となり、12位でのフィニッシュとなりました。

14番グリッドからスタートしたパロウは、スタートでポジションを2つ落としましたが、すぐに1つ戻して15番手に。コース上でオーバーテイクすることがどのドライバーにとっても困難な状況下、パロウはほぼ15番手を維持しながら最初のスティントを終えました。

全車が最初のピットストップを終えた後にポジションを14番手に上げたパロウは、92周回目で2回目のピットストップを行うまで、そのままポジションをキープ。

そして最終ピットストップの直後、さらにポジションを2つあげたパロウは、147周回目には1.25マイルオーバルのこのコースで25秒69のレース・ファステスト・ラップを記録。しかしながら、オーバーテイクが困難なレース展開下にあり、そのスピードをもってしても12位でチェッカーを受ける結果となりました。

◆アレックス・パロウのコメント
「単調なレースでした。パスするのはほぼ困難な状況が続き、ポジションを上げられたのは、スタートの後と、ピット戦略で4つか5つ上げた時だけだったと思います。他のマシンについて行くのは簡単なペースでしたが、オーバーテイクは非常に難しい状況で、全ドライバーが同じように感じていたと思います。結局今日のレースは、戦略と、いかにその戦略を自分たちの思惑どおりに運んでいけるかにかかっていたのだと思います。マシンはとても速く、実際、ファステスト・ラップが出たのはマシンの仕上がりの良さの証明でもあると思うのですが、今日の結果は残念でした。マシンはとても調子良かっただけに、もっと順位を上げられなかったことは遺憾です。」

大変なアウトサイドリアタイヤ担当ピットクルー

2020年08月30日



インディカーのピットクルーは6人+1人(ウインドシールド&ドリンク専任)です。

そのうち、タイヤ交換担当は4人で、アウトサイドリアタイヤ担当クルーだけが作業ポジションでスタンバイできません。レースカーがピットボックスにストップしてからレースカーの後ろをまわりこむようにし駆けつけてから作業を開始します。

なので、どうしても作業開始が他のポジションと比べて遅れがちになります。

インディカーでは日本のスーパーGTなどのようにエアレンチ用のホースをブリッジを使ってレースカーの頭上を通ることはしません。

なので、アウトサイドリア担当クルーはエアフォースをピットウォール沿いに取りまわして準備。レースカーがピットボックスに止まってから重いエアガンとエアフォースをもってレースカーの後ろをまわりこんでから両ひざで着地してから作業委取り掛かかるという難易度の高い作業をしています。

ぜひ、アウトサイドリアタイヤ担当のピットクルーの動きにも注目してみてください。

スタート時のマルチカークラッシュを検証する

2020年08月30日



レーススタートで発生した”マルチカー”クラッシュ(マルチクラッシュは誤用)を検証します。

インディカーのスタートルールでは最終ターンあたりに設けられたスタート(リスタート)ゾーンにレースリーダーが差し掛かったらグリンフラッグが掲示され、その瞬間から全車追い越し可能になります。コントロールライン通過まで待つ必要はありません。

スタート(リスタート)ゾーンはコースサイドのフェンスに「START」のボード(矢印)が2か所取り付けらえていて、その間がゾーンとなります。

上の写真ではポールポジションのウィル・パワーがリスタートゾーンに差し掛かる前にパロウとパジェノーが前車に詰まって隊列から飛び出しています。

この時点でグリーンフラグはまだ掲示されていません。

リスタートゾーンの位置はスタート前のパレードラップ中に確認することになっています。今回はパレードラップ3周ののちにペースラップ1周で2列になってグリーンフラッグでした。

スタート前のパワーのペースラップはペースカーの速度を維持し、ウェービングもチェックアップ(加減速の繰り返し)もしていないのでルール通りです。

【チームゴウ公式リリース】スタート時のペナルティが重くのしかかる結果に

2020年08月30日


公式ウェブサイト
https://www.teamgoh.com/
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/team_goh_motorsports/

デイル・コイン・レーシング with チームゴウ
<2020 NTT INDYCAR SERIESレースレポート>
スタート時のペナルティが重くのしかかる結果に
~ゲートウェイ500第1レースは15位でチェッカー~


第8戦:ゲートウェイ500第1レース(200周回)
開催地:ワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイ / オーバル / 1.25マイル(2.01km)
予 選:11位   決 勝:15位

デイル・コイン・レーシング with チームゴウのアレックス・パロウは、今期第8戦となるゲートウェイ500第1レースのスタート時、グリーンフラッグが振られる前に発生したパイルアップ、多重クラッシュに関連して課された遺憾と言わざるを得ないペナルティで最後尾からのスタートに。結果、ホンダエンジン搭載、ギャランティード・レート社スポンサーの55号車をドライブするパロウは15位でチェッカーを受けました。

スタートのフォーメーションラップからペースカーが退き、フロントストレッチでいよいよグリーンフラッグへという時に前車が減速。11番手からスタートのパロウも前車に合わせて減速、接触を避ける為にラインを飛び出し、かろうじて走り抜けることに。パロウは無傷だったものの、後続車がスピンしてしまい、その結果、接触を避ける為とはいえグリーン前に隊列から外れてしまったことで、ペナルティを科されてしまいました。

このペナルティにより、14周回で18番手からリスタートとなった55号車のパロウは、63周回目の最初のピットストップまでに11番手までポジションを上げましたが、その後は15番手で周回を重ねていきました。

102周回目の小雨によるコーションの数周回前にトップ10に浮上してきていたパロウは、しかしながら、122周目のリスタートでは13番手に後退。

パロウはレース終盤、最後のピットストップまで可能な限りコースに残り、チャンスとなり得るコーションを期待していましたが、そのまま15位でチェッカーを受けることになりました。

◆アレックス・パロウのコメント
「スタートが普通ではありませんでした。グリーンフラッグが振られる直前のタイミングで、前車との接触を避けるためにラインから外れたのですが、グリーン前だったということで、それがペナルティとなってしまい、最後尾からのスタートになってしまいました。そこからは自分たちのペースを上げる努力をするだけのレースでした。イエローが出た時は多少ラッキーでトップ10に入ることができましたが、リスタートでいくつかポジションを落としてしまいました。再度コーションが出ることを期待して、最後のピットストップまで可能な限り長く走り続ける作戦でしたが、僕らの期待どおりには運びませんでした。明日もレースがありますし、55号車の仕上がりは良いので頑張ります。」

ワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイで開催される第2レース、アレックス・パロウは14番グリッドからスタートします。ダブルヘッダー・ウィークエンドの第2部は、現地時間午後2時45分(東部標準時午後3時45分)にグリーンとなり、日本では、31日(月)午前4時からGAORA SPORTSで生中継される予定です。

ゲートウェイ500、5つの見どころ

2020年08月29日



200周=250マイルのダブルヘッダーで行われるゲートウェイ(ボマリート)500ですが、5つの見どころを紹介します。

【チャンピオン争いも大詰めに】
現時点で残り5レース(ミッドオハイオが再スケジュールされれば7レース)。
ポイントスタンディングは以下の通り。
1 Sディクソン    3勝
2 Jニューガーデン  -84 1勝
3 Pオワード   -117
4 Gレイホール -121
5 Sパジェノー -123 1勝
6 佐藤琢磨 -128 1勝

残りの3イベント(ゲートウェイ、IMSロード、セントピート)ディクソンが優勝経験があるのはIMSロードの1勝のみ。起こり5レース時点でのポイントマージンとしては84点は過去最大。今年は最終戦のダブルポイントはありません。

【今回の予選方法】

アイオワと同様に1台ずつ2周を走行して1周目の計測スピードで土曜日のレース1のスターティンググリッドを決定し、2周目の計測スピードで日曜日のレース2のスターティンググリッドを決定します。それぞれのポールシッターに1店のボーナスポイントが与えられます。

【ペンスキー勢の逆襲】
インディ500では全く振るわなかったペンスキー勢ですがこのゲートウェイでは過去5勝を挙げています。
現役では2018年ニューガーデン、2017年パワー、それ以前の3回はCART時代の勝利になります。

【ジャイアントキラー】
昨年のレースは佐藤琢磨選手、カーペンター、カナーンと表彰台にはペンスキー、ガナッシ、アンドレッティが一人も上がれませんでした。カーリンのデイリーは去年のゲートウェイでは堅実に6位フィニッシュしている他、今シーズンはアイオワでキャリア初のポールポジションを獲得。開幕戦のテキサスでのシーズンベストとなる6位フィニッシュしています。デイリーは2017年にはAJフォイトから参戦してゲートウェイで6位フィニッシュするなど、このゲートウェイでは手堅くシングルフィニッシュを続けています。

【2連勝を目指す佐藤琢磨】
先週のインディ500を制した佐藤琢磨選手は2週連続2連勝を狙うほか、ディフェンディングイベントウィナーとしてゲートウェイでの2連勝も狙います。金曜日のプラクティス1では5番手をマーク。1997年のアーリー・ライエンダイク以来のインディ500からの2週連続優勝なるか!?