レイホールレターマンラニガンのガレージライブ映像

2020年08月13日

https://rahal.com/live-feed/

ガレージオープン中はレイホールレターマンラニガンレーシングの3台の作業風景をライブで見ることができます。

ガレージ内に設置された6台のカメラを自由に選んでみることができます。

第104回インディアナポリス500 1日目情報まとめ

2020年08月13日



晴れ 気温27~29度、路面温度40度 湿度64~54%

【プラクティス1リザルト】
http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2020-08-12/indycar-results-p1.pdf

【1日目公式映像】
https://www.youtube.com/watch?v=Ft0ygy30o9s&feature=emb_logo

【ヒンチクリフがトップスピード】
2016年ポールシッターのジェームス・ヒンチクリフがトラフィックでの決勝セットでの走行を重ねて224.526 mph でトップスピード。昨年の初日はウィル・パワーの229.745mphでエアロスクリーン装着による重量とドラッグ増加で若干のスピードダウン。しかし、一昨年の225.787mphに迫る速度を記録。「まだプラクティス初日で先は長いのでそんなに喜んでませんが、エアロクスリーン装着で状況が大きく変わった中でチーム6台がこれまで努力した結果が出せたことには満足しています」とコメント。

【好調なアンドレッティ勢】
ジョイントチーム含めて6台体制のアンドレッティはTO5に3台が入った上に単独スピードのNTS(ノートースピード)ではロッシ、ハンターレイ、ハービーでトップ3をマーク。

【アロンソが好発進】
去年の予選落ちの雪辱を狙うフェルナンド・アロンソはこの日ではシボレー最上位となる223.238mphを記録して5番手に。しかし、NTSでは21番手だったので集団の中でのビッグトーでの速度だった模様。このままでは今年は予選落ちの心配がないためにじっくりと決勝セットを煮詰めたいところ。

【リモートグリーンフラッグ】
この日のセッション開始を告げるグリーンフラッグは1963年インディ500ウィナーのパーネリー・ジョーンズ。この日は奇しくも87歳の誕生日でカリフォルニアの自宅からリモートでグリーンフラッグを振る。

【ルーキーオリエンテーション】
午後1時からの2時間はルーキーオリエンテーションとリフレッシャープログラムを実施。

ルーキーは5-O’Ward, 7-Askew, 21-VeeKay, 41-Kellett, 55-Palou.
リフレッシャーは3-Castroneves, 24-Karam, 51-Davison, 59-Chilton, 66-Alonso, 67-Hildebrand, 81-Hanley.

ルーキーオリエンテーションプログラム(ROP)は以下の3段階。
10 laps at 205-210 mph
15 laps at 210-215 mph
15 laps at more than 215 mph
リフレッシャーテストは最初の10周はスキップ。

ケレットはセッション内に最終段階がクリアできずに、その後の練習セッションでレースカー0をカナーンにチェック走行してもらい、その後のセッションで最終段階をクリア。

ハンリーはレースカーの準備が間に合わずに午後5時半のセッション終了後に特別に走行を許可してもらい、午後6時過ぎになってようやくコースイン。結局インスタレーションラップのみで計測スピードは無し。

【佐藤琢磨選手は13位】
222.551mphでチーム内で最上位となる12位。NTSでは219.993mphで7番手とまずまずの状況。

●佐藤琢磨のコメント
「インディアナポリス・モーター・スピードウェイに帰ってこられて、心から喜びを噛みしめています。これこそ僕たちが長い間、待ち望んでいた瞬間です。いまは8月ですが、素晴らしい気分であることには変わりありません。僕たちはマシーンに飛び乗り、速いペースで走りましたが、今日はまだブースト圧の関係で230mphに届いていません。それでも最高の気分です。スケジュールが立て込んでいるため、今日は3台で役割分担を行い、たくさんのアイテムをテストしています。実質的に、レースに向けたセットアップができるのは今日と明日だけで、金曜日にはファストフライデイが行われます。まだやらなければいけない作業はたくさん残っていますが、単独走行とグループ走行では比較的コンペティティブだったので、とてもいい1日だったと思います」

【明日のスケジュール】
9 a.m. – Tech inspection
12:30-5:30 p.m. – Indianapolis 500 practice (NBC Sports Gold)

【チームゴウ公式リリース】アレックス・パロウ、インディ500プラクティス1は8番手をマーク

2020年08月13日


公式ウェブサイト
https://www.teamgoh.com/
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/team_goh_motorsports/

デイル・コイン・レーシング with チームゴウ
<第104回インディアナポリス5001日目レポート>

「アレックス・パロウ、プラクティス1は8番手をマーク」
ルーキー・オリエンテーションを無事終了し、
初のインディアナポリス500マイルレースへ最初の一歩を踏み出しました


デイル・コイン・レーシング with チームゴウのルーキー、アレックス・パロウが12日(水)、「あの」インディアナポリス500マイルレース開催地であるインディアナポリス・モーター・スピードウェイ(IMS)のオーバルに初めて挑みました。55号車をドライブするパロウは、ルーキー・オリエンテーション(ROP)の全フェイズを順調にこなし、プラクティス1を33台中8番手のタイムで終え、自身初のIMS、初のインディアナポリス500に向けて第1歩を踏み出しました。

午後1時に開始されたルーキー・セッションでは、時速205~210マイルで10周、時速210~215マイルで10周、時速215マイル以上で10周という3つのROPフェイズをこなしました。

ROPの後、パロウは2時間半に及ぶ全車プラクティスに参加し、223.104mphのベストラップを記録しました。

◆アレックス・パロウのコメント
「こここれまでに僕が走ったことのある2つのオーバルとは全く異なる、いい意味でクレイジーなコースだと思いました。今日はルーキー・オリエンテーションの後、ベテラン勢含めエントリーした全ドライバーと一緒に走れ、とても楽しかったです。今はまだ、トラフィックの中よりも一人で走る方が難なく行ける状態です。今日のルーキー・セッションとその後のセッションを通して、一人でドライブすることについては、より思い通りの走りができるようになりました。ROPの後の全車セッションでは、徐々にトラフィックの中でもスピードを上げていくことに慣れてきて、前の車について走ることができるようになりましたが、まだオーバーテイクは練習が必要だと思います。一歩ずつ前進している途中なので、明日と金曜日は全セッションを通じて、そこに集中していくつもりです。デイル・コイン・レーシング with チームゴウは速さのあるマシンで戦えると信じています。チームのクルーは、マシンのセットアップと準備でとても良くやってくれました。」

パロウは15日(土)の予選に向けて、木曜日と金曜日の2日間、午前11時から午後5時30分までプラクティス・セッションに参加します。

土曜日の予選セッションは米国東部標準時午前11時にグリーンフラッグとなり、午後16時50分に終了予定です。10位から33位までの順位は8月15日(土)に決定され、土曜日の上位9台は8月16日(日)日曜日の午後1時15分からのファストナイン予選でポールポジションを争うことになります。

日本では、15日の第1予選は日本時間16日(日)午前4時から、16日のファストナイン予選は17日(月)午前2時からBSスカパー!で生中継される予定です。

第104回インディアナポリス500 マイルレースは、8月23日(日)午後2時30分(米国東部標準時)にグリーンフラッグとなります。