インディカーのピットクローズ

2020年09月07日



インディカーシリーズではオーバル、ロード/ストリート共にイエロー(フルコースイエロー)になったと同時にピットクローズとなります。

ピットクローズと同時にピットレーン入口に設置されているピットクローズライト(矢印)が点滅し、ピットクローズを知らせます。

ライトはピットレーン入口の手前に設置され、シグナルは強烈な輝度を持つLEDライトで発せれるので、ピットインしようとするドライバーがこれを見逃すことはまず起こりません。

レースコントロール無線でもイエロー発生と同時に「pits are closed」と必ず続けてコールされるのでチーム側も把握漏れすることはありません。

ピットがオープンになるとピットクローズライトは消灯されます。

ピットクローズ時に以下の作業をした車は隊列の後ろに下ってのリスタートになります。
①車体ダメージの修理
②タイヤがダメージを受けた場合の全タイヤ交換
③燃料切れ寸前での最大2秒間の燃料補給


上記以外のピット作業かあった場合は内容に応じてペナルティ(通常はドライブスルー)が科せられます。

リスタートに際してはペースカーライトが消灯された後はレースリーダーは所定の位置(リスタートゾーン)までペースラップスピードを維持しなければなりません。(7.7.1.3.)

その時にはレースコントロールよりレースリーダーへ「car ○○ straight and steady(カーナンバー○番、まっすく一定の速度で走行しなさい」と無線でも指示が出されます。この状況ではウェービング(蛇行)やチェックアップ(加減速)をすることはできません。