え?バトルが少なかった?

2020年09月13日












昨日のレースは全く仕掛けられない”パレード”と別物で少なくともこれだけのアクションがありました。

パッシングを成功させるのは難しかったにしても、つばぜり合いはそこかしこでありました。

「ディクソンのマスク」こちらで購入できます

2020年09月13日




視聴者の方からGAORA SPORTSへの問い合わせが急増している「ディクソンのマスク」。
こちらのサイドから購入できます。
https://stefanjohansson.art/collections/face-masks

日本への送料は追跡無しの郵送で10ドル。追跡可能な宅配便で35ドルです。

インサイドはメッシュ仕様でわりと快適です。

【チームゴウ公式リリース】アレックス・パロウ、ミッドオハイオ第1レースは、 スタートから8番手上げて12位でフィニッシュ

2020年09月13日


公式ウェブサイト
https://www.teamgoh.com/
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/team_goh_motorsports/

デイル・コイン・レーシング with チームゴウ
<2020 NTT INDYCAR SERIESレースレポート>
アレックス・パロウ、ミッドオハイオ第1レースは、
スタートから8番手上げて12位でフィニッシュ


第10戦:ホンダ・インディ200第1レース(75周回)
開催地:ミッドオハイオ・スポーツカーコース / ロードコース / 2.258マイル(3.634km)
予 選:20位  決 勝:12位

デイル・コイン・レーシング withチームゴウのルーキー、アレックス・パロウは、9月12日(土)にミッドオハイオで開催されたホンダ・インディ200の第1レースで、スタートから、全ドライバー中、最多となる8つのポジションを上げ、ホンダエンジン搭載55号車を駆り、12位でフィニッシュしました。

プラクティスから予選、決勝までが1日で実施される土曜日、パロウはプラクティス・セッションで7番手のタイムをマークし、好スタートを切りました。続く予選ではプライマリータイヤを履き、2周回したところで予選第1グループのトップに立ちましたが、3周回目にコースオフしてしまい、アンダーウイングを破損。

黄旗を出す原因を作ったことと、他車の走行障害となってしまったことに対してペナルティが科され、ファステストラップタイムを取り消されることに。さらに、アンダーウィングの破損でタイムアップのチャンスも失ってしまいました。結果、今年は周回数が短縮されたロードコースのミッドオハイオ戦で、マシンの好調なスピードをもってしても順位を上げていくのが困難な20番グリッドからのスタートになりました。

75周回の決勝で1周回目にポジションを3つ上げたパロウは、2周回目で16番手に浮上。さらに他車が最初のピットインをしている中、コースに留まり順位を上げ続けたものの、24周回目に自身も最初のピットストップを実施、再び16番手に。

第2スティントで3つポジションを上げたパロウは、52周回目で最後のピットストップを実施。最終的に、5番手のファステストラップを記録し、12位でチェッカーを受けました。

◆アレックス・パロウのコメント
「今日はタフな1日でした。今朝のプラクティスはとても好調で、マシンにも自信を持てていたのですが。」
「予選は最初にブラックタイヤで出て絶好調で、2ラップするまでにトップにつけましたが、3ラップ目でコースオフしてアンダーウィングを壊してしまい、その後のレッドタイヤでの走行を台無しにしてしまいました。20番手からのスタートになってしまったので、あまり出来ることがなく、スピードがあってもオーバーテイクできない難しいレースになりました。全ドライバーの中で最多ポジションを上げてのフィニッシュが出来たことは良かったと思いますが、結局、これ以上に出来ることはなかったと思います。タフなレースでしたが、明日はもっと良いレースにできるチャンスがあると思います。」 

パロウとデイル・コイン・レーシング with チームゴウは、13日(日)、ミッドオハイオ・スポーツカーコースで開催されるホンダ・インディ200の第2レースに挑みます。