ダブルヘッダーの時のタイヤルール

2020年10月02日



今回は3日間で1台につき以下の本数が供給されます。
【プライマリー(ハード=ブラック)9セット ルーキー+1セット】
【オルタネート(ソフト=レッド)5セット】
【レイン7セット】

ただし予選開始前にプライマリーとオルタネートそれぞれ1セットを返却しなければなりません。よって、レッドを4セットで2回の予選と2レースをやりくりしなければなりません。

7月のインディGPではレッドタイヤがメインで使われましたが、今回は気温と路面温度が7月よりかなり下がるので、今回もレッドタイヤが有利になると思われます。

そんな中で予選グループ1はセッション終盤にレッドフラッグで中断したので、新品レッド4セットを残したドライバーが7人います。

ポイント2位のニューガーデンは新品レッド4セットを残してフロントローを獲得し、ボーナスの1点ももらっています。

エリオはすでに新品レッド2セットを使っています。

琢磨選手は予選でのスピンで新品レッドを完全に痛めてしまい、3セットしか残りがありません。

【チームゴウ公式リリース】アレックス・パロウ、ハーベストGP第1レースは9列目からのスタート

2020年10月02日


公式ウェブサイト
https://www.teamgoh.com/
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/team_goh_motorsports/

デイル・コイン・レーシング with チームゴウ
<2020 NTT INDYCAR SERIESレースレポート>
アレックス・パロウ、ハーベストGP第1レースは9列目からのスタート
~インディカー・シリーズ2020第12戦~


デイル・コイン・レーシング with チームゴウのルーキー、アレックス・パロウは、現地時間10月1日(木)に行われた10分間の予選結果は17位、2日(金)の第1レースは9列目からスタートすることになりました。

同日、予選前に実施されたプラクティスをリードしたルーキー、パロウは、予選でコースに出ることを心待ちにしていました。予選セッション序盤のパロウが駆る55号車はグループ4番手以内を走行していましたが、オルタネートタイヤに履き替えてからタイムが上がらず、1:10.0323のファステストラップでグループ9位という結果に終わりました。

◆アレックス・パロウのコメント
「今日の練習走行でのマシンはとても調子が良く、今晩の予選に向けては不安要素がありませんでしたから、予選結果は残念で仕方がありません。マシンのフィーリングは良かったのですが、スピードが出ませんでした。今、エンジニアが詳しくマシンをみていますが、明日の決勝では強さを取り戻せるものと信じています。」

インディアナポリス・モーター・スピードウェイのロードコース85周回となるNTTインディカー・シリーズ2020第12戦は、10月2日(金)午後4時(米国東部標準時)にグリーンフラッグとなり、日本では3日(土)午前4時30分からGAORA SPORTSで生中継されます。

2021年スケジュールを発表

2020年10月02日



インディカーは2021年スケジュールを発表し、17レースが開催されることになります。

シーズン序盤での大きな変化はCOTAでの開催がなくなり、テキサスが5月の第1周にダブルヘッダーで開催されます。

シーズン中盤ではデトロイトGPダブルヘッダーがインディ500の2週間後に移動。アイオワとリッチモンドでの開催がなくなります。

8月にはナッシュビルでのストリートレースが初開催され、IMSロードコースでのNASCARカップシリーズとの共催イベントを行います。

シーズン終盤に変化はなく、ゲートウェイ、ポートランド、ラグナセカへの流れで9月19日にシーズン終了となります。