今年のインディ500で新企画

2021年03月31日



第105回インディアナポリス500ではインディアナポリス在住の全市民で盛り上げる企画が計画中です。

今年はレーズ前日の500パレードに加えて “500 Spectacle of Homes” を実施。インディアナポリス在住の方がインディ500をテーマに自由に自宅や庭先をデコレーションして第105回インディ500を大いに盛り上げようという企画が行われます。

レース前日はオープンカーなどに乗ったインディ500出走ドライバーと関係者はスピードウェイ町からインディアナポリスダウンタウンへパレードを行った後に、分散して各地の飾り付けられたレースファンの自宅前をまわることになっています。

この企画の参加者は自宅や庭先をクリスマスイルミネーションのように飾り付けてイベント登録することで、デジタルマップに場所が表示されるようになります。これによって、他のレースファンもイベント参加者のデコレーションを楽しむことができるようになっています。

この企画に登録すると、IMSよりスペシャルプレゼントを受け取る権利を得ることができます。

これまでも、スピードウェイ周辺のレースファンは自主的に自宅や庭先をデコレーションしてきましたが、今年はインディアナポリスモータースピードウェイ公認企画となり、街全体で月とインディ500開催を祝おうという素晴らしい企画になっています。

下の写真は5月のスピードウェイ町役場の飾り付け。

各チームの開幕前テストが大詰めに

2021年03月30日



開幕戦まで3週間を切りましたが、各チームはロードコースやオーバルコースで開幕前最後のテストを実施します。

デイルコインレーシングとカーリンは現地29日にセブリングインターナショナルレースウェイでテストを実施。エド・ジョーンズとロマン・グロジャン、マックス・チルトンが開幕2戦のロードストリートを想定したテスト走行を行いました。


そして、30日と31日にはテキサスモータースピードウェイでテストが実施され、30日には7チーム7台が参加。31日は7チーム17台が参加してトラッフィックでのテストが行われます。

佐藤琢磨選手は30日と31日の両方に参加します。
参加リストは以下の通りです。

【30日】
AJ Foyt Racing (Sebastien Bourdais)
Andretti Autosport (Ryan Hunter-Reay)
Arrow McLaren SP (Pato O’Ward)
Ed Carpenter Racing (Ed Carpenter),
Meyer Shank Racing (Jack Harvey)
Rahal Letterman Lanigan Racing (Takuma Sato)
Team Penske (Simon Pagenaud)

【31日】
AJ Foyt Racing (Sebastien Bourdais, Dalton Kellett),
Andretti Autosport (Colton Herta, James Hinchcliffe, Ryan Hunter-Reay, Alexander Rossi)
Arrow McLaren SP (Pato O’Ward, Felix Rosenqvist)
Ed Carpenter Racing (Ed Carpenter, Rinus VeeKay)
Meyer Shank Racing (Jack Harvey)
Rahal Letterman Lanigan Racing (Graham Rahal, Takuma Sato)
Team Penske (Scott McLaughlin, Josef Newgarden, Simon Pagenaud, Will Power)

今年はテキサスではダブルヘッダーレースが予定され、今回のテストの重要度は高くなりそうです。

今回はチームテストなのでライブタイミングの配信などはありません。

Road To INDY 佐藤琢磨への挑戦!制作作業終了!

2021年03月29日



1月から制作準備をしてきた特番の「Road To INDY 佐藤琢磨への挑戦!」の制作作業が遂に終了!あとは放送を待つばかりとなりました。

第2回目は笹原右京選手がインディアナポリスモータースピードウェイでのインディカードライブに挑みます!

笹原選手はiRacingでもインディカーは初ドライブ。

中野信治教官の指導の下、SUPER GT GT500クラスのNSXやスーパーフォーミュラに参戦するトップドライバーが初体験のオーバル走行でどのような反応とパフォーマンスを見せるのかが注目です。

今回は実際のインディカーのテストデーやルーキーオリエンテーションの様子がリアルに再現できていると思います。笹原右京選手ハイスピードオーバルで感じた感覚を伝える言葉の一つ一つが非常にリアルです。

オーバル経験が全く白紙の笹原選手が、昨年の公式戦iRacingチャレンジでのインディアナポリスでの予選タイムにどこまで迫れるか、非常に興味深い内容になっています。


4/4(日)よる11:30
笹原右京選手特訓編
教官:中野信治、挑戦者:笹原右京、MC:村田晴郎

テレビ4/4(日)深夜0:30
佐藤琢磨選手に挑戦編
解説:中野信治、佐藤琢磨、笹原右京、MC:木幡ケンヂ

※22時30分から#1の再放送を含め3話一挙無料放送

2021シーズンルールの主な変更点

2021年03月28日

https://www.indycar.com/Fan-Info/INDYCAR-101/Latest-Rulebook

20210シーズンのインディカールールが発表されました。
主な変更点を確認します。

【オーバルでのダブルヘッダーイベントでの予選】
予選アテンプトでは連続2周を走行.。1周目ののタイムでレース1のスターティンググリッドを決定し、2周目のタイムでレース2のスターティンググリッドを決定する。と正式に付け加えられました。

昨年は急遽ダブルヘッダーレースに変更されたテキサスとゲートウェイで採用されていた暫定ルールが正式採用されます。

【デトロイトダブルヘッダーとIMSロードコース2での予選方法】
予選は2つのセグメントで構成される。

セグメント1は2グループに分けてそれぞれ10分間(レッドフラッグを含む)で行われ、それぞれ上位6台がセグメント2へ進出する。

それ以外は13番グリッド以降が割り当てられ、グループ1参加者は奇数グリッド、グループ2参加者は偶数グリッドが割り当てられる。

グループ1とグループ2のインターバルは5分。

セグメント2はセグメント1終了10分後に開始され、参加者の順位はリセットされる。

セグメント2は10分間(レッドフラッグ中は含まず)で行われ、最低5分間は実施される。

セグメント2ではポールポジションから12番グリッドまでを決定し、ポールポジションはフロントローインサイドとする。

【インディ500予選】
アテンプト中のウェーブオフ(4周消化前までのアテンプトの取りやめ)ができなくなります。2日目は元々ウェーブオフはできません。グリーンフラッグを受けたら4周を走り切らなければなりません。

天候など不可抗力が原因で予選セッション終了時にスターティンググリッドが未決定の場合はエントラントポイントでグリッドを決定。

【ペナルティによる順位降格】
順位降格のペナルティを受けた車両はインディカーの許可がない限りグリーンになるまでピットインできない。つまりイエロー中のピットインによる順位後退はペナルティ消化とみなされないことになります。

【ドライバーヘルメットのダクトホース】
ヘルメットとエアインレットを結ぶダクトホースの内径は0.500インチ(1.27cm)以上なければならない。去年のインディ500予選で使われていたストローみたいな細いホースは使用禁止になります。

【タイヤ返却】
予選開始前までにオルタネート(レッドタイヤ)を1セット返却しなければならない。

これまでの3DAYイベントでは初日にプライマリータイヤとオルタネートタイヤそれぞれ1セット返却するルールでしたが、昨年は急遽レーススケジュールが短縮されたために暫定的に運用されていた返却ルールがルールブックに掲載されました。

その他にはクラッシュなどでダメージを受けたエンジンの交換に関するルールの一部が変更されています。

Road To Indy 佐藤琢磨への挑戦!鋭意編集中!!

2021年03月13日



休日返上で鋭意編集中!!
第一回放送分は画ずらは地味ながらも、見ていてジワジワきます・・・。

天野さんの奮闘ぶりに中野信治教官も大爆笑!!


収録ではけっこう回したので、いいシーンがかなりカットになりますが、何とか蔵出しできるチャンスを探します!!