カラムが語るシムレーシングの世界

2020年03月26日



今週末から始まる、インディカー主催のバーチャルレースシリーズ「インディカーチャレンジ」開催を前に、セイジ・カラムがシミュレーションレーシングの世界について語ります。

【インディカードライバーのどれくらいの人が自宅でシムレーシングをしていますか?】
だいたい30%はやってると思います。15%はかなりのめりこんでますね。ちゃんとしたシミュレーターであればレースカーの動きを把握できますし、コンペティションも高いレベルでできます。

【真剣にレースをするにはどれくらいのレベルの装置が必要?】
まずソフトフェアがストレスなしで動くPCの性能は必須です。打ち込んでいる人たちはみんないい機材をそろえています。自分は特にペダルにこだわっています。インディカーのドライブではブレーキフィーリングが大事なので細かく調整できるものをつかっています。装置にこだわったら値段もきりがないです。最初はハンドルとペダルのセットで300ドルくらいのものを使っていましたが、今はペダルだけで1500ドルするものを使い、ディスプレイも3面にしています。かなり入れ込んでますよ。

【感覚は実車に近い?】
感覚はかなり近いですが、細かな部分ではちがいます。車のスライドや上下動をおしりで感じられないのが最大の違いですね。それ以外ではかなり実車に感覚は近いと思います。

【バーチャルレースではロードコースとオーバルとどちらがいい?】
オーバルよりもロードコースの方がショーとしては面白くなると思います。シミュレーターだとオーバルでは緊迫感が薄れるでしょうね。でも普段ではできないような3ワイドにトライすることができます。ロードだとイエローも少なくて接戦がずっと続くでしょう。

【今回のレースではレースカー同一セッティングになりますが?】
同一セッティングは、よりレースがエキサイティングになっていいと思います。公平でフェアだし、見ているファンの人たちも楽しめるかと思います。

【バーチャルレーシングの開催についてどう思いますか?】
現状は仕方がありませんが、こうした形でもレースが開催できるというのは我々にとってもファンの皆さんにとっても素晴らしいことですし、最善の方法だと思います。

BLINK OF AN EYE

2020年02月19日



先週、COTAでのオープンテストに向かう飛行機の中でNASCARをテーマにしたドキュメンタリー映画を見ました。



話の舞台は2001年のデイトナ500。

これまでカップシリーズに420レース以上も参戦しながらも優勝経験がなかったマイケル・ウォルトリップ。兄のダレルは通算84勝を挙げ、シリーズタイトルも3回獲得。デイトナ500も制したトップドライバーだった。

マイケルは16歳年上の兄、ダレルを子供のころから追いかけてカップドライバーになったものの、スポットライトを浴びることはないままで420レース以上を数えていた状況だった。しかし、そのマイケルの才能に目を付けたのは7回のカップタイトル獲得で当時最強のドライバーと言われていたデイル・アーンハート。

その年から本格活動を開始した自らのチームに、息子のデイルJr.を起用するとともに、そのチームメイトにマイケル・ウォルトリップを指名した。

迎えたシーズン開幕戦のデイトナ500。
デイル・アーンハートのチームは1-2フィニッシュ。勝利したのはマイケル・ウォルトリップだった。

歓喜に沸くビクトリーレーンで紙吹雪を浴びるマイケル。しかし、そこには優勝を報告すべきチームオーナーのデイル・アーンハートは来なかった。

デイルはチェッカーフラッグ直前にターン4で多重クラッシュに巻き込まれ、そのまま病院に搬送されたのちに帰らぬ人となった。

「BLINK OF AN EYE」は、レース人生最高の日から最悪の日への転落を経験したマイケルが当時の未放送映像とともに心境を語るドキュメンタリー映画。

日本時間の今朝に開催された第62回デイトナ500。チェッカーフラッグ直前に大クラッシュが発生。一時はクラッシュに巻き込まれたライアン・ニューマンの安否が心配された。

NASCAR TRACK PASSで生観戦していたが、2001年にGAORAで生中継していた時のことを思い出した。

クラッシュの状況は今回の方が数段ひどく見えたが、NASCARによって研究され続けてきた安全対策が功を奏してニューマンは何とか一命をとりとめた。

ニューマンの容体についての詳細の発表はないが、来年のデイトナ500では完全復活していることを切に望みたい。

FWD富士生命のCM発表会の模様

2020年02月18日

昨日2月17日に東京にあるFWD富士生命本社で琢磨選手が親子で出演したTVCMの発表会が行われましたが、その発表会の模様を30秒動画にまとめました。

TVCMでは未公開部分もWEB限定動画として今後はFWD富士生命の以下のペンサイトで見られるようになるとのことです。

https://www.fwdfujilife.co.jp/content/brand/enjoylife/

琢磨選手がFWD富士生命のCMに出演

2020年02月17日



佐藤琢磨選手がFWD富士生命のTVCMに出演。そのCMの発表会が東京のFWD富士生命で行われました。

会場には琢磨選手の他にCMにも一緒に出演されたお母さまの昭子さんも登壇。
 
「琢磨選手は子供のころからよくしゃべる子だった」など、琢磨選手の幼少のころのお話が披露され、さらにはサプライズゲストとして、高校時代の自転車競技部の顧問の先生だった大澤進さんと、鈴鹿サーキットレーシングスクールで入学を強く志望する琢磨選手の面接を担当した樽井良司さんも登壇し、琢磨選手の人生の岐路での裏話が披露されました。

TVCMでは未公開部分もWEB限定動画として今後はFWD富士生命の以下のキャンペンサイトで見られるようになるとのことです。
https://www.fwdfujilife.co.jp/content/brand/enjoylife/

ツイッターでドライバーと直接交流しよう!

2020年01月28日

2017年のインディ500の後にインディカーは世界各国でどれだけツイッターでインディカーのことがツイートされたのかの集計をとりました。

しかし、日本はランクイン圏外でした。
「#indycar」のハッシュタグで集計していたからです。

ツイッターには翻訳機能があるので#indycarのハッシュタグをつけると、世界中のインディカーファンから「いいね」などの反応が返ってきます。

チームやドライバー本人のツイートに日本語で返信したり、コメント付きでリツイートすると、かなりの高確率で本人からの「いいね」が返ってきたりします。

一度お試しを!!