WHAT’CHA COOKIN

2018年07月02日



前回のテキサスのプリレースから始まった、「BUTTERBALL」提供の”WHAT’CHA COOKIN”のコーナー。
第1回目はちょうど天野さんの現地リポートの裏だったので、紹介するチャンスを失っていました。

「BUTTERBALL」は肉製品を取り扱う食品メーカーです。
http://www.butterball.com/

その第1回目は「バターボール」がサポートするライアン・ハンターレイでした。


披露したのはターキーサンド。


評価は以下の通り。


今度機会があったら、改めて中継内でご紹介します。

アロンソがホンダエンジンでインディカーシリーズに参戦する可能性

2018年06月15日



マクラーレンがアンドレッティオートスポーツとコラボレーションするなり、単独チームでインディカーシリーズに参戦したうえでHPD(ホンダパフォーマンスデベロップメント)を契約を結べば”ホンダエンジンでのインディカー参戦”は十分に可能性があります。

インディカーはF1世界選手権とはちがってマニュファクチュアラーはチームには参加せずにエンジンを供給するだけです。

しかも供給されるエンジンは一度インディカーが管理してランダムにチームに渡されるので、スペシャルエンジンは存在しません。

去年のインディ500はマクラーレンとホンダの契約上、エントラント名は「McLaren-Honda-Andretti Honda」となっていましたが、チームの実態はアンドレッティオートスポーツです。

なので、マクラーレンがエントラントとして参戦し、HPDと契約を結べばカタチ上は「マクラーレンホンダ」となります。マクラーレンが1チームとしてエンジンサプライの契約をHPDと結ぶことに大きな障害は無いでしょう。

ABCが54年に渡るインディ500中継に幕

2018年06月13日



第102回インディアナポリス500マイルレースの中継をもって54年間続いてきたABCによるインディ500の中継は幕を下ろしました。

ABCとインディ500の関係はCBSのマスターズゴルフトーナメント中継を超える長さがありました。

第102回インディ500中継はこれまでの最大規模となるカメラ110台(14台分の車載カメラを含む)、マイクロフォン210機、技術スタッフ人数は150人でした。

そして来年からはNBCが中継を担当します。

【インディ500TV中継の歴史】
1965 ABCが放送(ディレー)を開始
1967 初のカラー放送
1971 初のレース同日のプライムタイムにディレー放送
1983 初の車載カメラ搭載
1983 クリス・エコノマキ大先生最後の中継出演
1986 生中継開始
2000 GAORA SPORTS インディカー中継開始
2004 たびたびの降雨中断で8時間半の連続生中継(アメリカスポーツ中継史上最長、GAORA史上でも最長?)
2004 インディ500初の女性ピットリポーター、ジェイミー・リトルがデビュー
2007 ハイビジョン放送開始
2011 インディ500、100周年
2016 第100回インディ500 チケット売り切れのた地元WRTV-TVが初めての生中継
2018 GAORA SPORTSの日本語実況が流れる

【歴代番組ホスト】
Chris Schenkel (1971-80), Dave Diles (1981), Jackie Stewart (1982-84), Jim McKay (1985-87), Paul Page (1988-98), Al Michaels (1999-2001), Bob Jenkins (2002-03), Terry Gannon (2004), Brent Musburger (2005-12), Lindsey Czarniak (2013-17), Nicole Briscoe (2018).

【歴代アナウンサー】
Charles Brockman (1965), Chris Schenkel (1966), Jim McKay (1967-74, 1976-85), Keith Jackson (1985), Jim Lampley (1986-87), Paul Page (1988-98, 2002-04), Bob Jenkins (1999-2001), Todd Harris (2005), Marty Reid (2006-13), Allen Bestwick (2014-18).

【歴代解説者】
Rodger Ward (1965, 1967-70), Jackie Stewart (1971-73, 1975, 1977-81), Chris Economaki (1973), Sam Posey (1974, 1976, 1982-95), Bobby Unser (1987-97), Danny Sullivan (1994, 1996-97), Tom Sneva (1997-2000), Jason Priestley (2001), Scott Goodyear (2002-18), Jack Arute (2004), Rusty Wallace (2006-07), Eddie Cheever (2008-18).

【歴代現場リポーター】
Chris Economaki (1967, 1969-72, 1974-83), Bill Fleming (1971, 1974, 1976-78, 1982-85), Keith Jackson (1971), Dave Diles (1973, 1979-80), Don Hein (1973), Sam Posey (1975, 1978, 1980-81), Jack Whitaker (1982), Jack Arute (1984-98, 2000-03, 2005-09), Larry Nuber (1984, 1986-87), Al Trautwig (1986-87), Donna de Varona (1986), Jerry Gappens (1987), Dr. Jerry Punch (1989-2006, 2010-18), Gary Gerould (1990-99, 2002-04), Jon Beekhuis (1999, 2015-18), Vince Welch (2000-14), Leslie Gudel (2000-01), Jamie Little (2004-14), Todd Harris (2004), Penn Holderness (2005), Brienne Pedigo (2007-09), Rick DeBruhl (2010-18).
Turn reporter: David Letterman (1971).

NEXT LAP と THIS LAP

2018年06月12日

F1世界選手権カナダグランプリでチェッカードフラッグがファイナルラップで掲示されてしまいましたが、フラッグを振ったゲストはNEXT LAP と THIS LAPを勘違いしたのではないでしょうか?

「次の周(NEXT LAP)で振ってね」と指示されたのに、その周(THIS LAP)で振ってしまったというオチ。

70周のレースで69周目に入ったら、「残りは2周」です。70-69=1周ではありません。70周目もカウントして残り2周です。

なので、200周のレースで170周目に入ったら、残りは30周ではなくて31周が正解です。

佐藤琢磨選手の渡米シーン

2018年05月18日

60秒バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=xHsJEx2cP50

30秒バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=Mp3_LlUj41Q

先日、4月30日のインディでのオープンテストに行く時に同行撮影しました。

あえてドキュメンタリータッチで撮影したので、多くシーンが撮影用のモノではなく”移動中の素”の佐藤琢磨選手です。