危険なレースと危険ではないレース

2019年08月22日

Yamaguchiさんから以下のコメントいただきましたので、
PCでも見られるようにここに私の考えを書かせていただきます。

Yamaguchiさんからのコメント
——————————————————————————————————————————
ポコノは間違いなく危険なコースです。
舗装に継ぎ目があり、それがフラットではない限り、200マイル/hでは安全なコースと言えません。
そこが改善されない限り、ウィッケンズがいうように、“離婚を考えるべき”です。
インディカーの安全は、確かに万全を期していると思いますが、だとしたら、ウィルソンが亡くなり、ウィッケンズが怪我をしたのはなぜか、ということになります。彼らが今年走っていて、5台の中にいたら無事だった? そんなことななく、5台は限りなくラッキーでした。琢磨が、ローゼンクビストに当たらなかったら? 横っ腹に当たったら? ローゼンクビストがもう少し高く飛んでいたら? さらに、誰かのヘルメットに、タイヤやパーツが接触したら? 考えただけでゾッとします。
安全はさらに高まるべきだけれど、クルマが、4本のタイャだけで地球と接している不安定な存在である以上、何かが起きる可能性はゼロにはならず、そこが見落とされたら、モーターレーシングではなく、単なる肝試しに成り下がります。
見たいのはスペクタクルであって、無謀な度胸試しではありません。
——————————————————————————————————————————-

対する私の考え
——————————————————————————————————————————-
Yamaguchiさんへ。 こんばんは。
舗装に継ぎ目があるのはポコノだけではありません。
テキサスも、アイオワも。ゲートウェイもシームがあります。
しかし、それは”今回の”アクシデントとは関係がありません。
危険ではないオーバルコースがあったらぜひとも教えていただきたいです。
1マイルオーバルでもショートトラックでも死亡事故は起きます。
ウィルソンの事故もウィッケンスの事故も今回とは全く別の事象です。
しかも、いずれの事故後には対策が施されています。
もし・・・・・だったらという仮定は無事だった結果に対しては無意味です。
逆のケースで、起きてしまった事故に対してフェンスを突き破らなければ・・・
もしノーズが後続車に当たらなければ・・・と対策を施すことは有効です。
無駄に不安材料を並べたてたらきりがありません。
何かが起きる可能性をゼロにはできません。つまり100%安全なレースはこの世に存在しません。
不幸な事故は様々な要因や不運が重なった結果です。
今回の何が無謀だったのかよくわかりませんが、
一人の負傷者も出さなかったのはインディカーの安全性に対する研究と取り組みの成果だと言えます。
そして、今回のクラッシュは精密に分析されてさらなる安全性の向上に役立てられます。
——————————————————————————————————————————-

ペンスキーの聖杯

2019年07月24日



話しの流れでは、ペンスキーはレースごとに活躍したメカニックを表彰して聖杯を渡す習慣があるようです。前回のトロントで聖杯を受賞したマイク・ストラウスさんからアンドリュー・ハスキーさんに聖杯が手渡されました。

やっぱり食べたのか・・・・

2019年07月22日


夜中の1時過ぎに・・・・

何か起きればすぐにインタビュー

2019年07月17日



最新情報を直ちにピックアップ!!
ひと悶着あった琢磨選手のブルデーにもすぐにインタビューに行っていましたね。

マツダ・チームヨーストがIMSA初優勝

2019年07月01日


Photo:IMSA

現地6月30日、ニューヨーク州のワトキンスグレンインターナショナルで開催されたIMSAスポーツカー選手権第6戦でマツダワークスチームのマツダチームヨーストが走らせるMazda RT24-Pが1-2フィニッシュで今季初優勝しました。

マツダがIMSAで総合優勝するのは2011年9月はボルティモアGPでのNo. 20 Oryx Dyson Racing Mazda-Lola(Humaid Al Masaood,Steven Kane)以来。クラス優勝では2013年9月にライムロックパークで開催されたグランダムシリーズでのディーゼンルエンジンを搭載したNo. 70 Mazda 6 GX( Sylvain Tremblay,Tom Long)以来となります。

2017シーズン途中からのマツダ、チームヨーストジョイント以来では初優勝となります。

初優勝したのはルマンで総合優勝した時の栄光のカーナンバー55を受け継いだNo. 55 Mazda RT24-P DPi(Harry Tincknell, Jonathan Bomarito、Olivier Pla)。ポールポジションからスタートしたNo. 77 Mazda DPi(Oliver Jarvis,Tristan Nunez,Timo Bernhard)は0.353差で2位フィニッシュし、1-2フィニッシュとなりました。

マツダUSAでモータースポーツ活動を取り仕切るジョン・ドゥーナン氏は5歳のころからインディアナポリスモータースピードウェイでインディ500を現地観戦してきたほどのインディカーレースファンでありながら、日本車(マツダ)を愛してきた情熱家で、常日頃から日本にいいニュースと届けたいと日の丸を車体に掲げてIMASに参戦を続けてきました。

広島のマツダ本社から贈られたと思われる「必勝」と書かれた厳島神社の大きなしゃもじを手にヴィクトリーレーンに上がっています。

マツダのモータースポーツ活動については以前にGAORA SPORTSで放送、紹介されています。
https://www.youtube.com/watch?v=NpBoFKgvv04