フェルッチが2020シーズンもデイルコインから参戦

2020年01月24日



サンティーノ・フェルッチはデイルコインレーシングと契約を交わし、バッサーサリバンとのコラボレーションでNo.18をドライブすることが決定しました。

コネチカット州出身で21歳のフェルッチはデビューシーズンの去年のインディ500では16ポジションアップで7位フィニッシュし、ルーキー賞を獲得。テキサス、ポコノ、ゲートウェイの3つのオーバルレースで4位フィニッシュしたほか、ゲートウェイでは97周をロード。シーズン中のラップコンプリートでは上位3番目に入り、オーバルレースでのポイントでは4位に入っています。

プライマリースポンサーは去年はブルデイのスポンサーだったシールマスターで、ブルデイが使用していたカーナンバーとスポンサーをフェルッチが引き継いだ形になりました。

デイルコインレーシングのNo.18は、元CARTチャンプカーチャンピオンのジミー・バッサーと実業家のジェームス・サリバンとのコラボレーションチームとなっています。

キンボールがAJフォイトからフル参戦

2020年01月24日



AJフォイトレーシングはNo.4にチャーリー・キンボールをフルシーズンで起用することを発表しました。
スポンサーはこれまでもキンボールをサポートしてきた医薬品会社のノボノルディスクが17レース中の6レースでプライマリースポンサーを務め、野子地の11レースではアソシエイトスポンサーを務めます。。

キンボールにとっては10年目のインディカーシーズンとなり、ノボノルディスクの支援を受けるのは12年目。2019シーズンはカーリンから17レース中の7レースに参戦。ポコノとポートランドで10位フィニッシュしています。

キャリアこれまで141レースの出走で163周をラップリード。2013年のミッドオハイオで優勝したほか、6回表彰台に乗り、8回のトップ5フィニッシュを記録し、2017年テキサスではポールポジションを獲得しています。

AJフォイトレーシングはNo.14に関してはまだ何も情報を発表していません。

デイリーがECRから参戦

2019年12月10日



米空軍のサポートを受けるコナー・デイリーはエドカーペンターレーシング(ECR)からの2020シーズンの参戦を発表しました。

デイリーはチームオーナーが参加しないロードストリートレースで#20をドライブするほかに第104回インディ500にも参戦することになっています。

ECRは#21にオランダ人ルーキーのリナス・ビーケイをフル参戦させることを発表していました。

デイリーは2018年より米空軍のサポートを受け、2019シーズンは第103回インディ500と最終戦に参戦していました。

レースカーは米空軍伝統で空軍機のA-10,F-16、F-35で採用されているサメ顔デザインがペイントされます。インディ500では別のカーナンバーでスペシャルペイントが施されることになっています。

エリクソンがチップガナッシに加入

2019年10月09日



チップガナッシは2020シーズンは3台体制に拡大し、その3台目にスウェーデン人のマーカス・エリクソンを起用することを発表しました。これで、ローゼンクビストと共に二人のスウェーデン人はチームメイトとなります。

29歳のエリクソンは2019シーズンにF1からインディカーシリーズに戦いの舞台を移し、アローSPMからフル参戦していました。ベストリザルトはデトロイトのレース2での2位フィニッシュで、そのほか6周のラップリードと88.5%の完走率を記録しています。

「チップガナッシと言うトップチームに加入したことを光栄に思います。この機会をくれたチームに感謝し、2020シーズンはさらにいい成績を残したいです。そして、スコットやフェリックスと言う最高のドライバーと共に参戦できるのは最高です。ぜひとも今シーズンの経験をもとにさらに上を目指していきたいと思います」とエリクソンはコメントしています。

ハーディングスタインブレナーがアンドレッティに合流

2019年09月22日



ルーキーのコルトンハータは来シーズンに関してアンドレッティハーディングスタインブレナーレーシングと契約を交わしたしたことを発表しました。
これまで在籍したハーディングスタインブレナーと共にアンドレッティオートスポーツに合流する形になります。

これで、来季のアンドレッティオートスポーツはハータマルコを入れで5台体制になります。

正式な合流は来シーズンからになりますが、技術提携はすでに今シーズンから始まっていて、昨年はアンドレッティでマルコのエンジニアを担当していたネイザン・オルークが今年はコルトン・ハータを担当していました。

そのハータは今年は第2戦のCOTAで初優勝し、インディカー史上最年少記録を更新。この最終戦の予選では今季3回ののポールポジション獲得して、ルーキーオブザイヤー獲得を狙っています。