【佐藤琢磨リリース】オープニングラップで多重クラッシュ

2019年08月19日

【佐藤琢磨リリース】
インディ第14戦は、ペンシルベニア州のPocono Racewayで開催された。ここは2.5マイルのトライアングル型オーバルで、レースはインディ500と同じく、200周500マイルで争われる。

 土曜日は、プラクティス、予選と続くはずだったが、現地荒天のために、ドクターヘリが到着できずに、この2つのセッションはキャンセルされた。結局午後1時53分から2時間のプラクティスが設定されて、決勝グリッドは今シーズンのドライバーズ・ランキング順ということになり、佐藤は4列目7番手からのスタートとなった。

 「通常ならプラクティスでのデータを分析して、クルマをセットアップして行くのですが、今日はそれができませんでした。クルマのバランスが悪く、プラクティス終了間際でやっと方向性が見えてきました。あとは今夜データを解析して、明日のレースのためにより良いセットを見つけたいです」と、佐藤はタフなプラクティスを振り返った。

 決勝は現地時間午後2時45分にグリーンフラッグ。佐藤はイン側からアウトに出て、ロッシのアウトから抜きにかかるときに、佐藤の左リアタイヤとロッシの右フロントタイヤが接触して、佐藤のマシンが姿勢を乱してロッシと接触。そのまま佐藤のマシンはさらにイン側に流れ、ハンターレイと接触。その後佐藤のマシンは再びアウト側に流されて、後ろから来たローゼンクヴィストと接触。そこへハンターレイとロッシのマシンが流れて来て、佐藤のマシンはロッシのマシンに接触した後、ハンターレイのマシンに接触してひっくり返った状態で停止した。

 佐藤はマーシャルに救出されて自分の足で歩いてマーシャルカーに乗り込むことができ、佐藤との接触でフェンスに激突したローゼンクヴィストも現地の病院に運ばれたが、クラッシュに巻き込まれたドライバー全員の無事が確認された。5台が絡む多重クラッシュのために、3周を経過した時点でレッドフラッグが出されレースは約45分間中断した。

 レースはその後3回のフルコース・コーションを経て、128周経過後に雷雲が近づき、ドクターヘリが飛べなくなり、また観客にも避難命令がでて赤旗中断となり、そのままレースは終了した。優勝はウィル・パワー、2位にスコット・ディクソン、3位にシモン・パジェノーだった。

【佐藤琢磨選手のコメント】
まず心配なのはフェリックス・ローゼンクヴィストのことです。彼が無事であることを祈っています。チャンピオンシップを戦うドライバーたちには申し訳ないと思っています。ライアンと僕はターン1の出口でレースをしていて、アレクサンダーはスタートが少し遅かったようです。僕たちは(ロッシの)右と左に分かれて進み、すべてクリアできると思っていました。路面の継ぎ目のおかげで進路が乱され、どのドライバーも接近していました。そうしたなかで、僕たちは不運にも接触してしまいました。

マクラーレンがインディカーシリーズにフル参戦

2019年08月09日



マクラーレンレーシングは2020シーズンからのインディカーシリーズフル参戦を発表しました。参戦にあたってはシュミットピーターソンモータースポーツ(SPM)とシボレーと戦略パートナー契約を結ぶということです。

チーム名は引き続きアローをチームタイトルに加えてArrow McLaren Racing SPとし、シボレーエンジン搭載車を2台フルシーズンでエントリーします。

チーム運営に関してはこれまでのSPMをベースにマクラーレンから技術スタッフ、営業スタッフを派遣して体制を強化、これまでチーム代表を務めてきたサム・シュミットとリック・ピーターソン引き続きそのポジションを継続します。

これまでマクラーレンレーシングでスポーティングディレクターを務めてきたジル・ドフェランも子にプロジェクトに加入することになっています。

ドライバーに関しての発表はまだありません。

これまでSPMとジョイント参戦をしてきたメイヤーシャンクレーシング(MSR)はIMSAでアキュラNSXGT3を走らせていることもあって2019シーズンでジョイントを解消することになります。

インディカーニュース 8月8日付

2019年08月09日



【ヒンチが結婚披露宴】
8月3日にカナダでジェームス・ヒンチクリフがベッキーさんと結婚を上げました。二人は昨年7月に婚約を発表していました。

【パワーが通算4,019周をリード】
ウィル・パワーはインディカーレース通算4019周をリードしました。インディカーレースで通算4000周を突破したのはパワーで11人目となります。現役最多ではディクソンの5,559周、カナーンの4,071周が続きます。歴代最多はマリオ・アンドレッティ様の7,595周!!です。

【複数優勝@ポコノ】
AJフォイトの通算4勝が最多。チームではペンスキーが10勝、アンドレッティが2勝だけになります。

パジェノーがパリに凱旋

2019年08月06日



今年のインディアナポリス500マイルレースを制したシモン・パジェノーが母国フランスのパリに優勝トロフィーのボルグワーナートロフィーと共に凱旋し、トロフィーのつけられる自身の塑像のお披露目を行いました。

「アメリカ国外で初めてお披露目を行うドライバーとして光栄です」とパジェノーはコメント。

例年はトロフィーの塑像のお披露目はシーズン終了後の12月にインディアナポリスモータースピードウェイで行われ、シーズン途中でしかもアメリカ国外でのお披露目は極めて異例となります。

パジェノーのインディ500優勝はフランス出身ドライバーとしては史上5人目(ドフェランを含む)で、1920年のガストン・シボレー以来となります。ガストン・シボレーはシボレーの創業者の一人です。

今回、トロフィーのお披露目セレモニーはエッフェル塔を仰ぎ見るパリのル・メリディアンホテルの屋上テラスで行われました。

お披露目された自身の顔の塑像に対してパジェノーは「すばらしい出来で満足しています、髪型もパフェクト!自分の顔がトロフィーと共に永遠に残るというのは感慨深いです。このようなトロフィーはボルグ・ワーナートロフィー以外には存在しません」とコメントしています。

今回の異例中の異例ともいえるシーズン中のパリでのトロフィーお披露目には、同じフランス人でボルグワーナー社CEOのフラッド・リサルデ氏の尽力がバックにありました。

「ボルグワーナートロフィーはモータースポーツ界で最も偉大な伝統を持つトロフィーの一つで、オープンホイールレースの頂点の象徴でもあります。そのトロフィーを今日この地でお披露目できることを非常に光栄に思うと共に、彼が成し遂げたモータースポーツ界での業績として最高位に当たる栄誉をボルグワーナー全社員3万人と共に祝福したいと思います」と祝辞を述べています。

ボルグワーナートロフィーが製作されたのは1935年で、1936年大会で優勝したルイ・メイヤー(初めてレース後にビクトリーレーンで牛乳を飲んだ人物)が受賞者第1号となりました。
パジェノーはボルグワーナートロフィーを飾る106人目の顔となります。


【トロフィーの大きさは?】
銀製のトロフィーは高さ163cm、重さ69㎏で、2003年に台座がより大きなものに交換されて今のサイズになっています。台座には2033年までの優勝者のスペースが確保されています。

【一大会で顔が二人分】
過去2大会で優勝者の顔が二人並んでいるところがありますが、これはリリーフドライバー(途中でドライバー交代)があったためにそれぞれ二人の顔が刻まれました。

【黄金の顔】
初めて台座が取付けられた1986年に、ボルグワーナートロフィー30周年を記念して、戦後インディアナポリスモータースピードウェイのオーナーとなってインディ500を世界的イベントにまで成長させたトニー・ハルマン氏の顔が金で製作されて取り付けられています。なので、琢磨選手は104人目の顔となります。

【もっとも複雑な顔】
1983年に優勝したトム・スニーバはメガネをかけて優勝した初めてのドライバーで、このメガネをかけた顔を制作するのに相当苦労したという話があります。初期の優勝者にはヘルメットとゴーグルをしたままのレリーフもあります。

インディカーニュース 8月1日付

2019年08月05日



【元F1ドライバーのナサとアレックス・パロウがインディカーをテスト】
元F1ドライバーでIMSAスポーツカー選手権に参戦しているフェリペ・ナサが7月29日月曜日にミッドオハイオスポーツカーコースでシュミットピーターソンのインディカーをテスト走行しました。そして、日本のスーパーフォーミュラで優勝したスペイン人のアレックス・パロウはバッサーサリバンレーシングのインディカーテストに参加しています。

【インディライツ参戦の若手がインディカーテスト】
現在インディライツシリーズに参戦してチャンピオン争いを展開するオリバー・アスキューとリナス・ビーケイが来月ポートランドでインディカーテストに参加します。アスキューはチップガナッシ、ビーケイはエドカーペンターレーシングからの参加となります。

【同一トラックでの最多勝利数】
今回のミッドオハイオでのSディクソンの優勝でディクソンはミッドハイオでの6勝目を記録しました。過去にはマイケル・アンドレッティのトロント7勝やアル・アンサーJr.のロングビーチ6勝と言う記録もありますが、かつてニュージャージー州にあったトレントンスピードウェイではAJフォイトが11勝を挙げています。

【熾烈なルーキー争い】
ミッドオハイオで2位フィニッシュしてインディカーでは初めて表彰台に乗ったフェリックス・ローゼンクビスト。一気に41点を稼いでフェルッチを抜いてルーキーポイントトップに立っています。
296 Rosenqvist
259 Ferrucci’s
245 Herta
219 Ericsson