【チームゴウ公式リリース】アレックス・パロウ、ショートオーバルのデビュー戦 「アイオワ250」第1レースは11位でフィニッシュ

2020年07月18日


公式ウェブサイト
https://www.teamgoh.com/
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/team_goh_motorsports/

Dale Coyne Racing with Team Goh
<2020 NTT INDYCAR SERIESレースレポート>

第5戦 IOWA INDYCAR 250S(アイオワ250) 第1レース(250周回)
開催地:IOWA SPEEDWAY(アイオワ・スピードウェイ) / ショートオーバル / マイル
予 選:2020年7月17日 予選結果:18位
決 勝:2020年7月17日 決勝結果:11位

アレックス・パロウ、ショートオーバルのデビュー戦
「アイオワ250」第1レースは11位でフィニッシュ
~ルーキー・オブ・ザ・イヤーのポイントランキング首位を堅持~


デイル・コイン・レーシング with チームゴウのルーキー、アレックス・パロウは、アイオワ・スピードウェイで開催された、ショートオーバルでのデビュー戦となるインディカー・シリーズ第5戦「アイオワ250」で多くの経験を積み、11位でチェッカーを受けました。

17日(金)夜に開催された250周回のナイトレースが自身のキャリアで2度目のオーバルコース戦となったパロウは、18番グリッドからのスタートでポジションを落としてしまいましたが、ピット戦略が功を奏したことで徐々に番手をあげていき、スコット・ディクソン選手やエド・カーペンター選手といったオーバルのベテラン勢のオーバーテイクにも成功。

第1スティントでユーズドタイヤを履いていたパロウは、5番手をドライブしていた78周回目に最初のピットインを行い、その後第2スティントで21番手まで順位を落としましたが、安定したドライブで15番手まで上げてきていた144周回目にフルコースイエローが出されました。

デイル・コイン・レーシング with チームゴウは、コーションを利用して148周回目に2回目のピットイン。その後、レースがグリーンフラッグ・コンディションに戻った171周目には12番手に浮上し、最終的には11位でのフィニッシュとなりました。

この結果、パロウは98ポイントを獲得してルーキー・オブ・ザ・イヤーのランキングの首位を堅持し、総合ランキングでは11位に着けています。

◆アレックス・パロウのコメント
「最高だったよ。初めてのショートオーバルで、オーバルレースとしては初完走になった。結果は期待した程には良くなかったけど、マシンとレースにはとても満足しているよ。本当に気持ち良く走れて、ラップを重ねるごとにどんどん調子が良くなっていった。」
「周囲のペースが速かったから、自分のペースを維持するのが大変だったね。でも、結果的に良くできたと思うんだ。トップ10に入れなかったのは残念だけど、11位は良い結果だと思うし、明日は7番手からのスタートだから、もう少しやりやすいはずだよ。今夜のレースで多くのことを学んだし、明日までにたくさんのことを整理して、第2レースを頑張らないと。」
 


パロウは決勝と同日、日中に実施された2周回の予選で、2周目の記録を飛躍的に伸ばすことができ、明日のダブルヘッダー・ウィークエンド第2戦では7番手からのスタートとなります。アイオワの第2レースは日本時間7月19日(日)午前9時30分時からGAORA SPORTSで生中継される予定です。

コクピット内の高温対策でエアスクープを導入

2020年07月17日



インディカーはコクピット内の高温対策としてエアロスクリーンの上部に取り付ける「エアスクープ」を全車に供給してアイオワでの2レースで使用されることになりました。

先週のロードアメリカで試作品がプラクティスセッションでテストされ、フィードバックを得たうえで改良品がすぐに制作されて、今回実戦投入されます。

今週末は2レース共に気温が30度を超える上に湿度も70%以上になることが予想されるためインディカーはコクピット内の高温対策を行ってきました。

子のエアスクープ以外にも先週からエアダクトの追加設置が許可されたほか、さらには今後の課題として冷却機能の付いたシートなどの開発が引き続き行われています。

【チームゴウ公式リリース】ロード・アメリカ第2レースを7位でフィニッシュし、 パロウはルーキー・オブ・ザ・イヤーのポイントランキングでトップへ浮上

2020年07月13日


公式ウェブサイト
https://www.teamgoh.com/
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/team_goh_motorsports/

Dale Coyne Racing with Team Goh
<2020 NTT INDYCAR SERIESレースレポート>

第4戦 REV GROUP GRAND PRIX 第2レース(55周回)
開催地:Road America / ロードコース / 4.014マイル
予 選:2020年7月12日 予選結果:3位
決 勝:2020年7月12日 決勝結果:7位

11日(土)に「REV Group Grand Prix presented by AMR」の第1レースを3位でフィニッシュし、今シーズン初の表彰台を獲得したデイル・コイン・レーシング with チームゴウのルーキー、アレックス・パロウは、翌12日(日)の第2レースでは7位入賞を果たし、ロード・アメリカでのダブルヘッダー・ウィークエンドを締めくくりました。この結果により、パロウの今シーズンのポイントは79となり、ルーキー・オブ・ザ・イヤーのランキングでトップに浮上しました。

アレックス・パロウは決勝と同日の朝に実施された第2レースの予選で100分の2秒差によりポールポジションを逃しましたが、スターティンググリッドは2列目3番手、NTTインディカー・シリーズでの自身最高のスタートポジションを獲得しました。

好スタートを切ったパロウはオープニングから2回のフルコースコーションとなる荒れた展開の中、8周回目のリスタートで2番手に浮上すると、3番手をドライブしていたスコット・ディクソン選手との差を広げました。

しかし、13周回目に行った最初のピットストップ後、パロウはグリップ不足を訴えて順位を落としていきました。続いて28周回目に2回目のピットインを行った後に、パロウはコースポジションを維持するためにハードにプッシュし過ぎてしまい、14番手まで後退を喫することに。

第3スティントでは6番手までポジションを戻していましたが、41周回目で行ったピットストップ後は7番手でコースイン。そのまま第4スティントをドライブし、6位でフィニッシュしたチームメイトのフェルッチ選手(デイル・コイン・レーシング with ヴァッサー・サリヴァン)に次いで、パロウは7位でチェッカーを受けました。

◆アレックス・パロウのコメント
「最初のスティントはとても良かったよ。最高の気分だった。パト(オワード選手)のペースの方が速かったけど、他のマシンに比べれば僕らのマシンは速かったしね。最初のピットストップでブラックタイヤに履き替えて、その後、ちょっと原因がわからなかったのだけど、グリップを失ってしまって、他車と同じペースを維持できなかった。その結果、ポジションを随分落としてしまったんだ。そして残念なことに、2回目のピットストップの後、トラフィックでミスしてしまった。ポジションをキープするためにハードにプッシュし過ぎて、結果的に4つもポジションを落としてしまった。でも、最後は11番手から7番手にまで上げてフィニッシュできたから良かったよ。思い描いていたとおりではないけど、トップ10フィニッシュができたことは嬉しく思っている。」
「この週末は楽しかったし、たくさんのことを学べたよ。総合的に見て、デイル・コイン・レーシング withチームゴウにとって素晴らしいダブルヘッダー・ウィークエンドになったと思う。もちろん、オープニングスティントで2番手をドライブしていたのだから、そのままポジションをキープできなかったのは残念だけど、それでもチームとしては良い仕事ができたと思うんだ。まだ4戦目だし、これからもっとインディでのレース経験を積んでいくことで到達できるパフォーマンスにわくわくしているよ。」


NTTインディカー・シリーズの次戦は、7月17日(金)、18日(土)にアイオワ・スピードウェイで開催されるナイトレースのダブルヘッダーとなります。

【チームゴウ公式リリース】デイル・コイン・レーシング with チームゴウのアレックス・パロウ、 精彩を放つキレのある走りでシリーズ初の 3 位表彰台へ

2020年07月12日


公式ウェブサイト
https://www.teamgoh.com/
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/team_goh_motorsports/

Dale Coyne Racing with Team Goh
<2020 NTT INDYCAR SERIES レースレポート>

第 3 戦 REV GROUP GRAND PRIX (55 周回)
開催地:Road America / ロードコース / 4.014 マイル
予 選:2020 年 7 月 11 日 予選結果:14 位
決 勝:2020 年 7 月 11 日 決勝結果:3 位

デイル・コイン・レーシングwithチームゴウ のルーキー、アレックス・パロウは、7月11日
(土)の「REV Group Grand Prix presented by AMR」、ダブルヘッダーの第 1レースで、スターティ
ンググリッドの7列目14番手から精彩を放つキレのある走りで3位に食い込み、NTT イン
ディカー・シリーズ初の表彰台を獲得しました。

パロウはスタート直後からとにかく前に出ることを使命とし、最初のラップで5つポジションを
上げて9番手に浮上。シリーズとして今シーズン第3戦となるこのレースは、ルーキーであるパ
ロウにとってはインディカーでの3戦目にあたりますが、12周回目に最初のピットインを行うま
で、ベテランのハンター・レイ選手を抑えて9番手をキープしていました。

アレックス・パロウは第2スティントでさらに4番手まで浮上し、26周回目に2回目のピット
インを果たすまで、そのポジションをキープしました。第3スティントでトラックに戻ったア
レックス・パロウは順調に6位まで順位を戻し、38周回目にフルコースコーション下で3回目
のピットインを行いました。

45周回目のリスタート時に4番手を走行していたパロウは、1コーナーへの進入と同時にハン
ター-レイ選手をオーバーテイク。しかしながら、その時点で再び次のコーションフラッグが出
されていた為にパスは認められず、4番手に戻りリスタートへのフラッグを待ちました。

そして迎えた次のリスタート時、パロウは諦めずに再度ハンター-レイ選手にオーバーテイクを
しかけ3番手に浮上。残り8周回の時点でハンター・レイ選手を完全に抑え、前を走る2番手パ
ワー選手との差を詰めて3位でフィニッシュ、初の表彰台を獲得しました。



◆アレックス・パロウのコメント
「やったよ!最高のレースだったよ。ロード・アメリカは初めてのコースだったし、プラクティ
ス、予選、決勝を全て同じ日に行うのは簡単じゃなかったし、決勝で 14 位からのスタートは厳
しかったけど、今日はマシンのバランスがとても良かったし、ラッキーだった。スタートで何人
かをオーバーテイクすることができて、その後はすごく良いペースを保てたし、トラフィックさ
えなければオーバーテイクのチャンスだったんだ。」
「チームのクルーはピットストップでよく頑張ってくれたし、最後のピットストップでは何人も
のライダーをパスして 4 番手につけられたからね。リスタート後はライアン(ハンター-レイ選
手)とウィル(パワー選手)に難なくついていくことができたし、ライアンを 2 回もオーバーテ
イクして 3 番手につけることができた。僕らにとっては本当に良いレースだった。明日も今日み
たいなパフォーマンスで、さらに上を目指していきたいね。」



パロウとデイル・コイン・レーシング with チームゴウは、明日のダブルヘッダーウィークエン
ド第 2 レースで再び好機を狙っていきます。グリーンフラッグは現地時間 7 月 12 日午前 11 時
42 分、日本では、日本時間 7 月 13 日(月)午前 1 時から GAORA で生中継開始となります(グ
リーンフラッグは午前 1 時 42 分)

今週末からクーリングダクトを追加

2020年07月10日


https://racer.com/2020/07/09/indycar-introduces-new-aeroscreen-cooling-option-for-road-america/

レーサー誌のマーシャル・プルーエット氏が報じたところによると、インディカーは今週末のロードアメリカGPよりドライバー冷却のためのクーリングダクトを追加することを決定した模様です。

これまではヘルメット頭頂部へホースをつなぐことでエアロスクリーン脇のダクトから外気を導入していましたが、さらに反対側にダクトを追加してホースを接続し外気を導入できるようになります。

さらにエアロスクリーンの上縁にそってダクトを設置し、さらにコクピット内に外気を導入します。トップダクトと呼ばれるこのダクトは昨年のバーバーでのテストでアンドレッティ、チップガナッシ、ペンスキーに協力を仰いでテストデータの収取が行われていました。

このトップダクトは土曜日のプラクティスに限って使用される予定になっています。

インディカーはすでに一部のレギュレーションを変更しドリングバッグの搭載のサイドポッド内からコクピット内への移設と、エアロスクリーン専任ピットクルーのドリンクボトルの受け渡しを許可することにしています。