professional driver closed kitchen

2018年07月13日



アメリカの自動車CMでよく見られる常套句、
「professional driver closed course」。
日本語にしたら「※プロのドライバーが運転しています」といった感じになります。
要は「危険なのでマネしないでください」という意味です。
グーグル画像検索すると色々出てきます。

「professional driver closed kitchen」はそのパロディですね。
「プロのドライバーが調理しています。危険なので真似しないでください」ということですね。

これも良くTVで見ますが、
「※許可を得て撮影しています」と「※特別に許可を得て撮影しています」違いは何でしょうね?

うちらも今度入れてみましょうか。なんかかっこよさそうですね。

いちおう、コレを準備

2018年07月13日



ブルデイは2013年のトロントレース1で2位フィニッシュしたものの、セレモニーでクリスタル製のトロフィーを落下させて破損。

その翌年にトロフィーの持ち方を練習し、その年のレース1で優勝しています。

しかし、その年のレース1は降雨の影響で足かけ2日にかけて行われたために、その時のセレモニーは中継時間には入らず、映像がありませんでした。

天野さんのそっくりサンを発見!

2017年10月15日


前の記事の2位フィニッシュしたチームのチームマネージャーのマイケルさん。20年くらい前の天野さんにそっくりです。

私以外にもフォトグラファーのケニー中島さんも「稲嶺君!天野さんがいるよ!」と案の定反応していました。

中島さんはすでに2ショットを撮らせてもらったということだったので、私も早速お声掛けさせていただいて、天野さんを写真をマイケルさんにお見せしたところ大いにウケておりました。

下は、マイケルさんにお見せした天野さんの写真とマイケルさんの比較写真。少し距離を離れた場所から見たり、横とか斜めのアングルだとさらに似てきます。


ちなみに20年くらい前にフェニックスのドラッグレースに天野さんと一緒に取材に行ったところ、天野さんが私のそっくりサン(アメリカンインディアンの方)を見つけていました。

アイオワでの5Gの世界を可視化すると

2017年07月11日


時速170マイル=270キロで半径100mのカーブを曲がるというのはどういうことか。

中継映像だとその異常さがわかりにくいかもしれませんが
「のぞみ小田原通過速度」でググって(動画)みてください。

4両目が通過するときにはすでに先頭車両は直角に左に曲がり終わっているという状況です。

これを想像しながら再放送や録画を見直してみると見え方がだいぶ変わると思います。

コースサイドとかで写真を撮影しているとその異常さがよくわかります。アウトサイドで撮影しているとレースカーのスライド具合やドライバーがステアリング修正している様子がよくわかります。

ラップ数のカウントの仕方

2017年07月07日

300周のレース。270周目にリスタート。
残りは何周?

30周?不正解。
正解は31周。

レース関係者ですらよく間違えるレース周回数のカウント。

300周のレース。スタート直後の1周目で残り300周。
ファイナルラップの300周目に入って残り1周。

周回数のカウントはコンプリートラップ(完了周回数)とカレントラップ(現在の周回数=何周目)があって、順位はからなず周回完了後に出るので、カレントラップのひとつ前の周回数になります。

20周目では19周終了時点の順位までしか出ません。なのでレッドフラッグなどが出された時は1周前の順位が採用されます。