思い切ってダウンフォースを削減してみれば②

2016年07月06日



JRヒルデブランドがインディカーでのダウンフォース(DF)に関する興味深い記事(3部作)を寄稿して以下のように考察しています。その第2回です。
http://www.indycar.com/News/2016/07/07-05-Voices-Downforce-Part-2
要約すると以下の通りです。

■ロードコースではトラクションが重要

加速とブレーキングを繰り返し、セクターごとのスピードにバラつきがあるのがロードコースの特徴で、各セクターごとにタイムを詰める作業が必要となる。

■ロードコースではコーナーリング速度に影響
ダウンフォース(ドラッグ)の増減はコーナーリングに大きな影響を及ぼす。ブレーキングとコーナーリングでは速度が落ちるが直線ではスピードアップする。

■ロードとオーバルではDFの影響が異なる
ロードではセクターごとの加速減速の繰り返しだがオーバルではすべてがコーナリング中だという考え方。しかもコーナー半径は大きくロードコースのコーナーーリング速度よりも速い。そのために1周を通してのDFの増減はロードに比べてはるかに少ない。

■フェニックスでのエアロの影響
Hカストロネベスのポールスピードは2周の平均タイムで19秒13。決勝用のDFは50周以上走ることを考慮して5500ポンド(2495㎏)に設定されるが、2周単独走行の予選ではドライバーがぎりぎり全開走行ができる4000ポンド(1814kg)まで減らされる。

■DFを減らした影響
ソノマでDFを40%削減するとラップタイムは2秒遅くなる。これは2.6%の増加となる。フェニックスで予選DFを25%削減するとラップタイムは3秒遅くなる。これは15.5%の増加に相当する。このロスをパワーで補うためにはエンジン出力を2倍にする必要がある。

■JRの考える結論①
単純にDFを削減すれば全開走行は不可能になる。

■JRの考える結論②
わずかなDF削減でもラップタイムには大きく影響する。

■JRの考える結論③
バランスよくDFを削減することに大きな可能性がある。

■現状のインディカーは最適セッティングの幅が狭い
現状のインディカーの速度はスペック上限界の速度域に達し悪影響が出始めている。そのためにセッティングを外した場合のパフォーマンスは急激に悪化する。フェニックスでのDFを3000ポンドにした場合はただスピードが遅くなるだけではなく、ドライバビリティも悪化し、コーナーリング中にレースカーはスライドし挙動は大きく乱れる。

■インディカーの特性
現状のインディカーはオーバルでは十分なDFがないとピーキーな特性となり、ウォールの餌食になりやすくなる。

■一方で見ごたえは増える
上記の結果、言うことを聞かないレースカーをコントロールするというドライバーのアクションが可視化されることになる。これはレース観戦の醍醐味である。

■メカニカルグリップ
DFに頼らずにタイヤを正しく接地させるためにはタイヤのコンパウンドとコンストラクションに適切な設定のショック、スプリング、アンチロールバーを使用してロールセンター、キャンバー、トーなどを適正にする必要がある。4輪のタイヤの設置状態を適正化するこれらのセッティング作業は極めて重要。

■チームの作業
最大限にメカニカルグリップを得るためのセッティング作業には各チームは最大限に時間を割いている。その結果、メカニカルグリップの最適化に関しては限界に近づいている。

■タイヤの性能
ファイアストン製のタイヤは各コースごとに適正化されているため、タイヤの特性を見極めることが非常に重要になっている。

今週末にショートオーバルで行われるアイオワ300.これらの状況を踏まえて観戦すればオーバルレースの奥深さがよりはっきりと見えてくるかもしれません。

思い切ってダウンフォースを削減してみれば

2016年06月23日



JRヒルデブランドがインディカーでのダウンフォース(DF)に関する興味深い記事(3部作)を寄稿して以下のように考察しています。
http://www.indycar.com/News/2016/06/06-22-Voices-Hildebrand-downforce-pt1
要約すると以下の通りです。

■インディカーでのエアロダイナミクスの影響は大きい
ウイングの装着が許可された1972年、インディ500でのトラックレコードは178.7 mph から195.9 mphへ一気にスピードアップ。これが空力パーツ追及のすべてのストーリーの始まり。

■DFに関する基礎知識
①DFは速度の二乗で増加する。
②速度が2倍になればDF(ドラッグ=空気抵抗も)は4倍に増える。

■ロードコースにおけるDF
もともと従来よりもハイダウンフォースで設計されているIR-12に対してさらに新型エアロを装着したため、現状のインディカーは巨大なDFを発生している。

■F1よりも大きいDF
インディカーは200mph(322kph)で約7000ポンド(3175㎏)のDFを発生する。これは現在のF1レギュレーションよりも大きく、100mph(160kph)でもインディカーの車重をを超える1600ポンドを発生する。

■現状では稼いだDFを捨てている状態

現状の新型エアロ装着状態では9000ポンド(4082kg)ものDFを発生してしまうが、インディカーがレギュレーションによってアンダートンネルのストレーキやサイドウォールなどアンダーボディーのエアロパーツの使用を制限して増やしたはずのDFを逆に削減しているのが現状。

■軒並みトラックレコードを更新
新型エアロ2年目の今年、ロングビーチ以外のすべてのロードストリートコースのトラックレコードが塗り替えられた。そのほとんどレコードは去年塗り替えられたにもかかわらず。

■今後もDF量の増大は続く
レギュレーションでの規制がない限りDF量は増え続ける。現行規則ではそれがタイムアップへ最も効果的だから。安全性に支障を及ぼさない限りはそうなるのがインディカーでのごく自然流れてある。

■現状のレースカーはDFが多すぎる
豊富なDFはレースカーの安定性を増加させる。その結果レースカーは操縦しやすいものとなるが、DFに頼らなければレースカーの操縦性は難しいものになりレースはより面白いものになる。

■DFを4割削減させた場合
たとえばソノマレースウェイにてDFを 6500ポンドから4000まで約4割削減した場合、DFばかりではなくドラッグ(空気抵抗)も同等削減される。それは80年代のインディカーもしくは現在のNASCARカップカーと同等のDF量になる。その結果、すべてのコーナーリングスピードは5mph~10mph(16kph)程さがり、高速コーナーほどその速度は大きく下がる。ブレーキング距離は最大30mほど増加する。ストレート速度は13kphほど増加するがラップタイムは2秒遅くなる。

■2秒のラップタイムダウンを取り戻すには
エンジンパワーを現行の700馬力から950馬力ほどアップさせる必要がある。

■2秒のラップタイムダウンはひどい結果をもたらすのか?
そんなにひどい結果にはならない。

次回はショートオーバルにおけるDFとドラッグの関係についてJRが考察します。

コーナーリング速度の高さはバトルに結びつかないどころかストレート速度を低くしてブレーキングバトルを減少させるというわけです。ソノマでの2秒ダウンがどれほどレースをつまらなくさせるかと言えばほとんど影響ないということ。

つまり数秒のタイムアップがレースに面白さをもたらすかと言えばそうではなく、高いコーナーリング速度はかえって弊害をもたらすことがあるということです。

JR(とECRのエンジニア)は非常に鋭い考察をしていますね。

コーナーリング速度が「F1よりも速い」ということは”魅せるレース”とは逆方向なのではないかと思わされます。小倉さん、いかがでしょうか?

インディカーのセットアップ項目

2016年06月10日

エンジンとエアロの改造以外はかなりのところで調整可能です。
ショックも既製品をチームかぞれぞれ買ってからチーム内で分解調整します。
ちなみにPC用のレーシングシミュレーター「iRacing」のでのインディカーDW12のセットアップ項目は以下の通りです。







実車のセットアップ項目の数がどれくらいなのかは正確には把握していませんが、少なくともこれくらいはあって、それぞれの設定をベストにする必要があるということです。

ほとんど数百万、数千万通りの中から理想に近いところに持っていかないとレースカーは十分に路面にグリップしません。

4輪のタイヤがバランスよくグリップしないとアンダーステアやオーバーステアに見舞われることになります。

さて、今週末はGTフォースをスタジオに持ち込んで、スタッフもみんなテキサスの走り込みです。基準タイムをクリアしないと帰れませんよ!!

ペンスキーのサスペンションアーム

2016年06月10日



インディカーのサスペンションアーム類はアルミ合金製でAアーム(ウィッシュボーン)にはカーボン製のシュラウド(覆い)が装着されています。

ペンスキーのレースカーはAアームのシュラウドはクローム加工され、プッシュロッドとトーリンクは鏡面仕上げになっています。ペンスキーはマグネシウム製のタイヤホイールも鏡面仕上げにしています。

ペンスキーが新型フロントウイングを投入

2016年05月13日



インディGPのプラクティス1でWパワー以外の3台が新型のフロントウィングをつけていますね。
ガナッシ勢は今まで通りのものを使用しているようです。



エンドプレートのみ従来のものと形が違います。