アンサー家の4代目がマツダスカラーシップ獲得に挑戦

2018年12月04日



10万ドルのマツダスカラーシップと2019シーズンのGlobal MX-5 Cupフル参戦資格者を選考するMazda Road to 24 Shootoutが今週の金曜日にアリゾナ州フェニックス郊外のファイアーバードレースウェイで開催されます。

今シーズンにマツダがサポートするスペックミアータレースなどで今シーズンに目覚ましい活躍を見せた4人の若手ドライバーをピックアップし、さらにこの金曜日にその中からスカラーシップ受賞者一人を選考します。

選考会の「Mazda Road to 24 Shoouout」では6人の審査官によって前日に開催される夕食会から日曜日のレース後のミーティングまでの間、レースカーに乗っている時間以外でもマツダを代表するプロドライバーとしてふさわしいかどうかが審査されます。

1参加ドライバーは20分のプラクティスセッションを3回行い、日曜日には12分の練習セッションののちに模擬予選と模擬レースを行います。

ドライバーはくじ引きでフォーミュラマツダレースカーが割り当てられてレースを行いますが、レースコントロールによるブルーフラッグが掲示されないとパッシングが許されません。それぞれのドライバーは最後まで安定したレース走行ができるかが6人の審査員によって審査されます。

今回の最終選考に残ったのは以下の4人。

マイケル・カーター
18歳。SCCA Hoosier Super Tour Points Championshipランキング2位。

マシュー・ダークス
16歳。Spec Miata class championship in NASA’sの地区チャンピオンでCOTAで開催されたToyo Tires Classic(77台が参加したスペックミアータレース)ではポールポジションを獲得。

ハンナ・グリシャム
18歳。Spec Miata championship in the NASA 地区ランキング2位

ロニ・アンサー
20歳。ジョニー・アンサー(アルの甥、アル・ジュニアの従兄弟)の娘。Spec Miata class of the SCCA Rocky Mountain RegionとWorld Racing League耐久レースの2つのシリーズで上位入賞。

「2018 Global Mazda MX-5 Cup Challenge」ライブ中継が無料配信

2018年11月10日



GAORA SPORTSにて12月22日に放送する「2018 Global Mazda MX-5 Cup Challenge 世界一決定戦」ライブ中継が無料配信されます。

決勝レース1 : 日本時間 11月11日(日)朝 6:00~
決勝レース2 : 日本時間 11月11日(日)深夜 23:40~
https://mx-5cup.jp/archives/live_video/2018championship01

コメンタリーはマツダロードスターアンバサダーの山本修弘(ひろのぶ)さんと、今シーズンGLOBAL MX-5 CUP JAPANシリーズにフル参戦して第4戦岡山で優勝しランキング4位の佐々木孝太選手が予定されています。実況担当は久しぶりの生中継の私です。

既にプラクティス1が終わって日本シリーズチャンピオン堤優威優威選手が3番手、吉田綜一郎選手が10番手につけています。

Global MX-5 CUP 20歳のリーガーがシリーズチャンピオンに

2018年09月30日


https://www.mx-5cup.com/news/nikko-reger-claims-global-mazda-mx-5-cup-championship

現地9月29日にニューヨーク州のモンティシェロ・モータークラブで最終戦ブルヘッダーが行われ、フロリダ出身の20歳、ニッコー・リーガーがシリーズチャンピオンとなり、20万ドルのマツダスカラーシップを獲得しました。


モンティシェロ・モータークラブはマンハッタンからクルマで約1時間半の郊外にある会員制のサーキットで全長約5.8キロ。

ポイントリーダーで最終戦を迎えたリーガーはポイント2位のルーキー、セリン・ローランに対してわずか1ポイントのリード。

第1レースでは予選2位からスタートしたリーガが第1レースを制し、第2レースでは4位フィニッシュ。追うローランは第1レースは5位フィニッシュ。第2レースは10位に終わり、リーガがローランを引き離してタイトルを獲得しました。

2018シーズンはこれで終了となりますが、11月9日から11日にフロリダ州のセブリングインターナショナルレースウェイでIMSAスポツカー選手権最終戦のサポートレースとして「Global MX-5 CUP世界一決定戦」が開催されます。

世界一決定戦には日本からは堤優威選手、吉田綜一郎選手、レーサー鹿島選手の3人が参戦します。

Road to INDY 2019スケジュール

2018年09月26日

インディライツシリーズ


プロマツダシリーズ



USF2000シリーズ

二人の若手がアメリカに挑戦!

2018年09月24日



グローバルMX-5CUPジャパン最終戦が9月24日富士スピードウェイで開催され、ランキング2位だった吉田綜一郎選手が今季初優勝してランキング2位を確定。

ここまで3勝を挙げてすでにシリーズチャンピオンが決まっていた堤優威選手と共にアメリカで開催される世界一決定戦に挑戦することが決まりました。

世界一決定戦はフロリダ州のセブリングインターナショナルレースウェイでダブルヘッダーレースで開催され、優勝者には7万5千ドルの賞金が贈られます。

これで世界一決定戦にはアメリカシリーズに参戦するレーサー鹿島選手を含めて3人の日本人選手が挑戦することになりました。